MENU

転職活動の一次面接を通過するための対策方法

2019年09月13日更新

転職活動、就職活動の一次面接を通過するための対策方法をご紹介します。一次面接で落とされてしまう人は多いので、しっかりと対策をしましょう。

一次面接の目的

一次面接は書類選考通過後の面接です。一次面接の主な目的は、書類選考を通過した一次面接通過者を二次面接へ通過させてもよいか見極めることです。ふるいわけやスクリーニングの役割を果たしているのです。

そのため、「この人を採用しよう」というよりは「この人は二次面接へ通してはダメ」という見方で面接を行います。採用の基準に満たないと判断されると落とされることになります。

一次面接の面接官

一次面接の面接官は「現場の担当者」「人事部の担当者」レベルであることが多いです。そのため、基本的な質問が中心となります。

あまり深い質問をされるケースは少なく、第一印象で合否を決めているケースも多いです。そのため、いかに好印象を与えるかがポイントとなります。

一次面接の平均通過率

一次面接の平均通過率ですが「10~50%」と企業によってかなりのばらつきがあります。面接者数が多いので他の面接よりは通過率は低くなりやすいです。

一次面接でよくある質問

など基本的な質問が中心となります。定番の質問対策をしておけば一次面接は通過できることが多いです。「転職活動の面接でよくある質問例」も参考にしてください。

一次面接で落とされる人の特徴

転職活動の一次面接で落ちる人、通過する人の違い」も参考にしてください。

一次面接が終わったらお礼をするべきか

一次面接が終わったらお礼メールやお礼状を書くべきか悩みますよね。お礼をしたから採用されるわけではありませんが、お礼をしたことで選考が有利になることがたまにあります。

そのため、一次面接が終わったらお礼をするべきです。確実にお礼ができるお礼メールを送るようにしましょう。「一次面接のお礼メール・お礼状の書き方【例文あり】」も参考にしてください。

一次面接の結果連絡はいつ

一次面接の結果連絡は遅くなりやすいです。転職活動であれば1週間程度、就職活動では1週間から1ヶ月程度かかることもあります。

面接が全て終わるまで連絡をしない企業の場合は、一次面接の結果連絡が遅くなりやすい傾向にあります。「一次面接の結果連絡は遅くなりやすい!一次面接の結果連絡がくるまでの日数」も参考にしてください。

一次面接を辞退したい場合

他の企業で内定が決まった、入社したいと思わなくなったときは、一次面接を辞退しましょう。「メールでOK?一次面接・二次面接を辞退するときの連絡方法」も参考にしてください。

まとめ

一次面接は通過率が低いので落とされることが多いですが、基本的な対策をするだけで通過率は高くなります。一次面接の目的や面接官を理解し、定番の質問をしっかりと答えられるようにしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ