MENU

日本の都道府県別の地域別最低賃金と全国平均の推移データ

2018年12月26日更新

日本の都道府県別の地域別最低賃金と全国平均の最低賃金推移データを厚生労働省よりご紹介します。

*平成28年度のデータなので最新のデータは厚生労働省の最低賃金ページで確認してください。厚生労働省の数字が正しいのでこのページは今後更新しません。

都道府県別の地域別最低賃金(平成28年度)

地域別最低賃金の全国一覧データをご紹介します。日本の都道府県別の最低賃金がわかります。平成28年度のデータで、単位は円となります。

最低賃金額 増加額
北海道 786 22
青森 716 21
岩手 716 21
宮城 748 22
秋田 716 21
山形 717 21
福島 726 21
茨城 771 24
栃木 775 24
群馬 759 22
埼玉 845 25
千葉 842 25
東京 932 25
神奈川 930 25
新潟 753 22
富山 770 24
石川 757 22
福井 754 22
山梨 759 22
長野 770 24
岐阜 776 22
静岡 807 24
愛知 845 25
三重 795 24
滋賀 788 24
京都 831 24
大阪 883 25
兵庫 819 25
奈良 762 22
和歌山 753 22
鳥取 715 22
島根 718 22
岡山 757 22
広島 793 24
山口 753 22
徳島 716 21
香川 742 23
愛媛 717 21
高知 715 22
福岡 765 22
佐賀 715 21
長崎 715 21
熊本 715 21
大分 715 21
宮崎 714 21
鹿児島 715 21
沖縄 714 21
全国加重平均額 823 25

東京の最低賃金が一番高く、沖縄の最低賃金が一番低くなっています。

全国平均の最低賃金推移(2016年まで)

全国平均の最低賃金推移データを先ほどの厚生労働省のページよりご紹介します。地域別最低賃金データの適用労働者数による全国加重平均額となります。

最低賃金額(円)
2002年 663
2003年 664
2004年 665
2005年 668
2006年 673
2007年 687
2008年 703
2009年 713
2010年 730
2011年 737
2012年 749
2013年 764
2014年 780
2015年 798
2016年 823

平均最低賃金は景気変動によって上昇額が変わりますが、年々平均最低賃金額は上がっています。

まとめ

コンプライアンス意識の低い企業で働いていると、自分の時給を計算してみると最低賃金より低くなっているケースがあります。自分の時給が最低賃金より低くないかを計算してみましょう。

最低賃金レベルの給与で働いているのが辛いなら、転職を検討しましょう。

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ