MENU

自己PR・長所を分析力・問題解決力にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「分析力・問題解決力」にするときのポイントと例文をご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

分析力とは

分析中

「分析力」とは、物事の内容・性質を明らかにするために、細かい要素に分けていく力を意味します。複雑な問題も細かく分類することで解決の糸口を見つける力となります。

そのため、「問題解決力(課題解決力)」「ロジカルシンキング」も同じ強みとなります。コンサルを目指すのであれば必須の能力となります。

就活生が高い分析力を発揮する場面は少ないので、就活生よりも転職者向けの強みとなっています。

課題のあるエピソードを選ぶ

分析力や問題解決をアピールするのであれば、必ず課題のあるエピソードを選んでください。課題がなければ分析力を活かすことができないからです。

課題の状況分析をする

課題のあるエピソードを選んだら、どんな課題があるのかを具体的に状況分析をしましょう。課題に対して具体的な状況分析をすることで、分析力があることをアピールすることができます。

問題解決が重要

どれだけ素晴らしい分析ができていたとしても、問題解決ができていなければ分析力を強みだとは思ってもらえません。

評論家のように分析するだけではいけません。問題解決をすることで良い結果・実績が出ていることを必ずアピールしてください。

そのため、「分析力を活かしてどこに問題があるかを突き止め、問題を解決して良い結果になった」と言うエピソードにするのがおすすめです。

分析力と問題解決力はセットでアピールする

上記の理由より「分析力」と「問題解決力」はセットでアピールをしなければいけません。片方だけをアピールすると説得力に欠けるので注意してください。

会社に貢献できることを伝える

最後に分析力や問題解決力を活かし、会社に対してどんな貢献ができるのかを伝えましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け1

私の強みは「分析力」です。
大学のアルバイトで結婚式のウェイターをしていました。結婚式ではウェイター1人あたりのお客様の担当人数が多く、役割分担も不明瞭なためドリンク間違いが頻発していました。ウェイターが役割分担をしていないことが原因であると分析し、ウェイターの役割を分け、チーム連携をすることで問題解決ができると考えました。そこで、ウェイター全員で話し合い、ウェイターのうち常時2人をドリンカー専属とし、無線を利用しドリンク注文をするようにしました。
その結果、ドリンク間違いを0にすることができました。「分析力」を活かし、貴社の経営コンサルタントとして貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

就活向け2

私の強みは「分析力」です。
大学ではゴカイの生態を研究テーマにしています。ゴカイは水をろ過しながらプランクトンを食べ、水質改善に貢献しています。ゴカイの研究は非常に地道です。まずはゴカイを採取し、水槽で飼育しながら生態観察をします。また、論文では再現性を重視するため、何度も同じ生態行動を観察し、記録することが必要です。その中で再現性のある行動を発見することが必要です。私は毎日観察を続け、行動に共通性を見つけられるように日々考察を続けました。
その結果、ゴカイの新しい生態行動を発見し、教授の論文に掲載されました。私の強みである「分析力」活かし、貴社の研究職でも貢献をしていきたいと考えています。

*「自己PR・長所で学業・勉強・ゼミ・卒業研究をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「分析力」です。
現職では経営コンサルタントとして働いています。経営上の課題をまとめ、どうしたら問題解決できるかを提案しています。私は問題解決をする前に、徹底的に情報収集し、課題を網羅することにしています。そして、問題をラベリングし、共通課題としてまとめることで、問題を単純化していきます。担当する案件は業種もバラバラですが、問題を洗い出しまとめることで、複雑に見える問題も単純化し、経営陣が対処すべき問題を把握できるようにしています。
その結果、提案先の企業の売上もV字回復し、赤字から黒字へ転換することに成功しました。「分析力」を活かし、貴社の経営管理部でも貢献できればと考えています。

分析力を長所にした場合の短所の選び方

「分析力」を裏返すと「細かい」「完璧主義」などが短所となります。「細かい」「完璧主義」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないようにしましょう。

それ以外の無難な短所がおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

分析力をアピールするときは、課題のあるエピソードを選び、具体的な状況分析をしてください。

また、最後に問題解決ができており良い結果・実績になっていることを伝え、分析力と問題解決力があることをアピールしましょう!

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ