MENU

自己PR・長所をコミュニケーション能力にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

自己PR・長所をコミュニケーション能力にする人は多いです。転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所をコミュニケーション能力(話し上手)にするときのポイントと例文をご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力高そうな女性

「コミュニケーション能力」とは、他者と上手に交流・会話をする能力のことです。自己PR・長所でよく利用される強みとなっています。

コミュニケーション能力を一方的に話し続けることだと勘違いしている人も多いですが、「聞き上手」のように相手の話を聞くことができる力もコミュニケーション能力の一種です。

聞き上手については別ページで詳しく説明をしているので「自己PR・長所を聞き上手・傾聴力にするときのポイントと例文」を参考にしてください。

また、「人見知りをしない」「社交的である」こともコミュニケーション能力の一種と言えます。

人見知りをしないについては別ページで詳しく説明をしているので「自己PR・長所を人見知りしない・社交的にするときのポイントと例文」を参考にしてください。

このページでは「話し上手・会話上手」を中心とした「コミュニケーション能力」の説明をします。

コミュニケーション能力の評価は高い

企業で働くうえでコミュニケーション能力は必須の能力です。コミュニケーション能力がなければ営業もうまくいきませんし、社内のやり取りにも苦労します。コミュニケーション能力が高い人は、企業からの評価も高くなります。

具体的なコミュニケーション能力に言い換えよう

「コミュニケーション能力が強みです」と言われてもどんなコミュニケーション能力があるのかはわかりません。コミュニケーション能力という言葉は漠然としているからです。

そこで「話し上手」「聞き上手」「相手の立場を考えたコミュニケーション能力」など具体的なコミュニケーション能力に言い換えるのがおすすめです。

エピソードでの証明が必要

具体的なエピソードでコミュニケーション能力があることを証明しましょう。コミュニケーション能力を活かしてどんな良い結果になったのかを伝えましょう。

相手の気持ちも考えていることもアピールしよう

自分ではコミュニケーション能力が高いと思っていても、相手が迷惑をしていることはよくあることです。

これでは「ただ厚かましいうるさい人」という印象となってしまうので、相手の気持も考えたうえで会話をしていることをアピールしてください。

結果・実績が重要

結果・実績がなければ「自分でコミュニケーション能力が高いと思っているだけ」と採用担当者に思われてしまいます。

「コミュニケーション能力を活かして○○の結果になった」
「話し上手を活かして○○の実績を出した」

などのようにコミュニケーション能力を活かすことで良い結果・実績が出たことを伝えましょう。結果・実績が伴わなければコミュニケーション能力が強みとは言えません。

企業に貢献できるか

最後にコミュニケーション能力を活かすことで、企業に対してどんな貢献ができるかを伝えましょう。コミュニケーション能力があっても企業に貢献できなければ採用されないからです。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「話し上手なこと」です。
アルバイトではホールスタッフとして働いていました。アルバイト先ではお客様に積極的に話しかける人は少なく、常連客は少ない状態でした。私はお店のために少しでも常連客を増やそうと思い、お客様に積極的に話しかけるようにしました。しかし、いきなり話しかけると警戒をされてしまうので、お水を入れる・注文を取りに行く・会計をするときなどに自然に話しかけるようにしました。
その結果、私と話したいと言ってくれる常連客も増え、お店の売上も30%以上高くなりました。「話し上手なこと」を活かし、貴社の営業職でもお客様に信頼されることで売上にも貢献していきたいと考えています。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「相手の立場を考えたコミュニケーション能力」です。
現職では営業職として働いています。会社では新規顧客ばかりを開拓する傾向があるため、既存顧客に対して十分な対応ができていませんでした。私は新規顧客よりも既存顧客へのサポートが重要だと感じ、既存顧客に対しても積極的に訪問・サポートをするようにしました。トラブルがあればすぐに訪問し、トラブルがすぐに解決するように調整しました。また、新サービスがあれば、電話で連絡をするなど積極的などコミュニケーションを取るようにしました。
その結果、既存顧客からの売上が前年の500%超となりました。「相手の立場を考えたコミュニケーション能力」を活かし、貴社の営業職でもお客様に信頼されることで売上にも貢献していきたいと考えています。

コミュニケーション能力を長所にしたときの短所の選び方

「コミュニケーション能力」を裏返すと「おせっかい」「軽薄」「口うるさい」「おしゃべり」などが短所となります。

「軽薄」「口うるさい」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないように注意してください。

おすすめの短所は「おせっかい」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

面接ではコミュ力が高いことをアピールしよう

自己PRや長所の強みを「コミュニケーション能力」にしたのであれば、面接ではコミュ力が高いことがわかるように振る舞ってください。話下手で暗ければコミュニケーション能力が高いとは信じてもらえないので注意しましょう。

まとめ

コミュニケーション能力という言葉は漠然としているので、具体的なコミュニケーション能力に言い換えることが重要です。

また、具体的なエピソードでコミュニケーション能力があることを証明しましょう。そして、コミュニケーション能力を活かすことで良い結果・実績が出たことを伝えましょう。

最後にコミュニケーションを活かし、会社に対してどんな貢献ができるかをアピールしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ