MENU

自己PR・長所を努力家にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動、就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「努力家」にするときのポイントと例文をご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

努力家とは

努力したガール

「努力家」とは、目標を実現するために自発的に努力を続けている人のことを意味します。努力した結果・実績を伝えればいいので、使いやすい強みとなります。

エピソード選びが重要

最初はうまくいかない状況から努力を続けることで、良い結果・実績を出すというようなエピソードを選んでください。

最初からうまくいっているのであれば、努力したことで結果・実績を出したと思ってもらえないリスクがあるからです。

努力しようと思ったきっかけを伝えよう

エピソードを話すときは最初に努力しようと思ったきっかけを伝えるのがおすすめです。努力をしようと思ったきっかけを採用担当者も知ることができ、その後のエピソードを伝えやすくなります。

また、「負けず嫌い」「反省力」「積極性」など他の強みをさりげなくアピールすることもできます。

努力の継続期間が重要

「○○の資格取得をするために資格の勉強を1日頑張りました!」
「△△の結果を出すために1週間努力を続けました!」

とアピールされても「そんな短い期間が努力とは言わないよ」と思うのが普通です。努力家であることをアピールするためには、コツコツ努力を継続させていることが必要です。

転職者であれば最低でも1年以上は努力を継続させていてほしいところです。就活生であれば、在学中ずっと継続していることや高校時代から続けていることなどをアピールするのがおすすめです。

そこで、努力家であることを信じてもらうためには、コツコツ努力したエピソードを選ぶのがおすすめです。また、努力の継続期間が短いのであれば、自己PRや長所に努力家を選ぶのは避けたほうが安全です。

努力している内容も重要

努力家をアピールするときは、努力の継続期間だけでなく、努力している内容も重要です。例えば、

「1日5分の勉強を10年間続けた」
「1日1時間の勉強を4年間続けた」

というアピールであれば後者のほうを評価する人のほうが多いですよね。もちろん努力を継続させていることは素晴らしいですが、努力している内容の質が低ければ、努力家であることを強みだと思ってもらうのは難しいでしょう。

努力家であることをアピールするには努力の継続期間だけでなく、努力している内容の質も高くすることが必要です。

具体的な努力を伝えよう

「1日1時間の勉強を4年間続けました」
「TOEIC900点を取るために1日1時間の勉強を4年間続けました。英会話力を鍛えるためにリスニングを30分、文法や単語などの基礎知識の勉強を30分するようにしました。」

と伝えた場合、後者のほうが努力しているなぁと感じるはずです。ただ「努力をしました」と伝えるだけでは努力をしているとは信じてもらえないのです。

具体的に努力や改善をした内容を伝えることで、努力家であることを信用してもらえます。

現在も努力を続けていると好印象

現在も努力を続けているのであれば、現在も努力を続けていることを伝えましょう。現在進行系で努力を続けているほうが、努力家であると採用担当者に信用してもらいやすくなります。

結果・実績が重要

努力家であることを活かした結果、良い結果・実績を残したのかが重要です。努力をしても何も変わらないのでは、努力家であることを強みだとは思ってもらえません。

会社に貢献できることを伝える

最後に努力家であることを活かし、会社に対してどんな貢献ができるのかを伝えましょう。採用に値する人物であることを採用担当者にアピールしましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「努力家」なことです。
私は高校生になるまで勉強をせず、成績は最下位を争うほどでした。このままではいけないと思うようになり、高校生になってから毎日勉強する習慣を身につけました。そこで、家で2時間勉強することを日課としました。当初は2時間勉強をするのが苦痛で仕方ありませんでした。しかし、慣れるまではイスから動かないようにする、勉強を楽しむようにすることで、毎日2時間勉強をすることが当たり前になりました。
日々の勉強を積み重ねた結果、志望校である東京大学に合格することができました。今でも勉強を習慣化しており、大学でもトップの成績をキープしています。私の強みである「努力家」を活かし、貴社の営業職でも努力を継続することで、売上に貢献していきたいと考えています。

*「自己PR・長所で学業・勉強・ゼミ・卒業研究をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「努力家」なことです。
現職では自社メディアでWebマーケティングを担当しています。入社当初はWebへの理解が浅く、効果的なマーケティングを実施することができませんでした。そこで、私は仕事外でも自主的にWebマーケティングの勉強をし、仕事で学んだ技術を実践するようになりました。Webマーケティングに関連書籍を何十冊も読み、最新のマーケティング知識も技術メディアから積極的に吸収をしました。
日々の勉強を3年間継続した結果、ソーシャルメディアの活用・SEO対策などで自社メディアのPV数を約30倍に伸ばすことに成功しました。私の強みである「努力家」を活かし、貴社のWebメディア運営に貢献していきたいと考えています。

努力家を長所にした場合の短所の選び方

「努力家」を裏返すと「頑固(我が強い)」「柔軟性がない」などが短所となります。

「柔軟性がない」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないようにしましょう。

おすすめの短所は「頑固(我が強い)」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

努力家であることを強みにするのであれば、努力の継続期間と努力の内容が重要です。エピソードでは、具体的にどんな努力をしてきたのかまで伝えましょう。

また、努力家であることを活かしどんな実績・結果を出したのかを伝え、企業に採用したいと思わせましょう!

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ