MENU

自己PRのネタがない…自己PRを書けない人でも書けるようになるコツ

2018年05月23日更新

就職活動や転職活動で「自己PRのエピソードのネタがない」「自己PRが上手に書けない」と悩む人は多いです。そこで、自己PR(長所)のネタの作り方や自己PRを書けない人でも書けるようになるコツをご紹介します。

自己PRのネタがない人でもネタを作るコツ

1. エピソードのレベルを下げてみる

自己PRエピソードのネタ見つからないと悩んでいる人は、インパクトの強いエピソードばかりを探しがちです。

「企業からのタイアップで無料で海外一周旅行をした」
「営業でトップセールスになった」
「○○の大会やコンテンストで優勝して日本一になった」

などです。確かにインパクトの強いエピソードであれば自分の強みをアピールしやすくはなりますが、ほとんどの人はインパクトの強いエピソードを持っていません。

「インパクトの強いエピソードでなければならない」という思い込みを捨てて、エピソードのレベルを下げてみましょう。

「飲食店のアルバイトで常連客を作った話エピソード」
「コンビニのアルバイトで廃棄率を下げたエピソード」

でも何でもいいのです。地味でも強みや結果をアピールしやすいエピソードはあるものです。筆者も就活のときはしょうもないエピソードを話しましたがなんとか受かりました。

インパクトの強いエピソードを選ばなければいけないという間違った思い込みを捨て、エピソードのレベルを下げてネタを見つけましょう。

2. 強引にネタを作ってみる

普通に生活をしていると自己PRのネタ(エピソード)がないという人も多いです。特に何の準備もせずに就活を始める人に陥りがちな罠です。

そこで考えてほしいのが自己PRのネタを強引に作るというテクニックです。評価されそうなネタを考えて、そのネタが実現できるように行動をするのです。

就活生の場合

「就活までに余裕があればアルバイトを始めてみる」
「アルバイトで売上げ貢献や費用削減につながる行動をしてみる」
「学業に励んで成果を出してみる」
「サークルに積極に取り組み結果が出るような行動をしてみる」

など自己PRのネタになりやすそうなエピソードを作ってみましょう。「自己PR・長所で使うエピソードの選び方・作り方」も参考にしてください。

転職者の場合

転職者であれば「仕事で結果を出す」ことが一番の近道です。例えば、

「1ヶ月朝早くから夜遅くまで一生懸命に仕事を結果を出す」
「平日だけで足りないなら休日出勤をして成績を伸ばす」
「新規事業に挑戦してみる」
「誰もやりたがらない仕事も率先して取り組む」

など仕事に精一杯取り組んでいれば数字にしやすい結果が出るものです。ネタを作るために行動をしているので、狙っている結果も出しやすいはずです。

ネタを作るために一生懸命に行動すること業績も上がり、転職しなくてよいくらい出世してしまうケースもあるほどです。ぜひ試してみてください。

自己PRを書けない人でも書けるようになるコツ

1. エピソードから強みを考えてみる

「自分の強みは行動力→アルバイトで売上を伸ばしたエピソードが使えそう」

というように自分の強みを最初に見つけた後に、強みを証明するエピソードを考える人が多いです。

この方法で自己PRを作れるなら問題はないのですが、強みを証明するエピソードが浮かんでこないという人は多いです。

強みは見つかるけどエピソードが見つからないという人は、発想を逆にしてみましょう。

「アルバイトで売上を伸ばしたエピソードが使えそう→自分の強みは行動力かな」

というように自己PRで評価されそうなエピソードを先に探して、エピソードから自分の強みを探してみるのです。

エピソードから自分の強みを考えることで自己PRが作りやすくなることは多いので、是非試してみてください。

ちなみに、自己PRでは強みよりもエピソードのほうが重要視されます。応募者の強みが本当かを確認するには具体的なエピソードで確認するしかないからです。

そのため、エピソードから自分の強みを考えるという方法は理にかなっているのです。

2. 文字数を考えずに思いつくまま自己PRを書いてみる

自己PRを書けない人は最初から正解の自己PRを書こうとしがちです。

例えば、300文字の自己PRが必要なときに、最初から300文字の自己PRを書くのは非常に難しいです。指定文字数に言いたいことをまとめるのは難しいことだということを知ってください。

そこでおすすめしたいのが、文字数を考えずに思いつくまま自己PRを書くことがおすすめです。文章で書けないと言うなら箇条書きやマインドマップ風に書いても構いません。

まずは、何も考えずに思いつくまま適当に自己PRを書きます。思いつくままに書いていれば1,000文字以上になるでしょう。

このようにたくさん自己PRを書けば何となく自分の強みも見え、評価されそうなエピソードも見つかります。自己PRを書いているうちに自然と頭が整理されてくるのです。

この段階で重要なポイントだけを残しながら、自己PRの基本構成を意識しながらまとめていきましょう。

*まとめる前の自己PRは別ファイルで原文を保存しておくことをおすすめします。原文が残っていれば、まとめているうちに何が強みがわからなくなってきたときでも原点に立ち返ることができます。また、面接の深掘り質問でも役に立ちます。

3. それでも自己PRが書けないときの最終手段

それでも自己PRが書けないというのであれば、プロの力を借りるしかありません。転職者であれば「おすすめの転職エージェント」、就活生であれば「履歴書添削や面接対策までサポート!おすすめの就職エージェント」に登録して自己PRの書き方を指導してもらいましょう。

まとめ

自己PRのネタがないという人は、エピソードのレベルを下げるか強引にネタを作ってみましょう。ネタを作るつもりで行動すればすぐに自己PRのネタは作れるものです。

また、自己PRがどうしても書けない人はエピソードから自分の強みを探してみましょう。文字数を考えずに思いつくまま自己PRを書いてみるのもおすすめです。

最後に自己PRを書けない人は、正しい自己PRの書き方を知らないだけということも多いです。正しい自己PRの書き方を勉強するのが一番の近道となることが多いです。

自己PRが書けないと悩んでいる人こそ、正しい自己PRの書き方を勉強してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ