MENU

自己PR・長所を聞き上手・傾聴力にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

自己PR・長所を聞き上手・傾聴力にする人は多いです。転職活動、就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を聞き上手・傾聴力にするときのポイントと例文をご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

聞き上手とは

聞き上手をアピールしている男

「聞き上手」とは、主に相手の話を聞くことで、上手に交流・会話をする能力となります。コミュニケーション能力の一種となります。自己PRや長所でも定番の強みです。「傾聴力(けいちょうりょく)」も同じ強みとなります。

*このページでは「聞き上手」を中心に解説をしています。「話し上手」を中心とした書き方を知りたい人は、「自己PR・長所をコミュニケーション能力にするときのポイントと例文」を参考にしてください。

聞き上手の評価は高い

企業活動では話す力だけでなく聞く力も重視されています。そのため、聞き上手の評価も高いです。働く人に重要な能力です。

ただ聞いているだけではダメ

相手の話をただ聞いているだけで、何の行動もしないのであれば評価はされません。相手の話を聞くだけなら猿でもできますよね。ただ聞くという受動的な姿勢ではなく、ちゃんと話を聞いた上で行動できる主体的な姿勢が必要です。

相手の意図を理解できることをアピール

聞き上手だと自分で言う人も相手の会話の意図を正しく理解できている人は少ないです。相手の話をきちんと聞き、どんな意図があってその話をしているのかを理解できることをアピールしましょう。

良い結果・実績にする

「相手の話をちゃんと聞きました」で終わらせてはいけません。聞き上手に徹した結果、どんな良い結果が出たのかをちゃんと伝えてください。双方にとってよい方向に改善をしていくエピソードにしましょう。

企業に貢献できるか

最後に聞き上手や傾聴力を活かすことで、企業に対してどんな貢献ができるかを伝えましょう。聞き上手や傾聴力という長所があっても企業に貢献できなければ採用はされないからです。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」としてください。

就活向け

私の強みは「聞き上手」なことです。
アルバイトでは飲食店のホールスタッフとして働いていました。アルバイト先ではお客様と積極的に会話に応じるスタッフは少なく、常連客が少ない状況となっていました。私は少しでも常連客を増やそうと思い、お客様からの会話に積極的に応じるようにしました。自分のことを話すよりもお客様の話を聞くことを心がけました。また、業務中で接客作業がない場合は、お客様の近くに行き、話しかけやすい状態を作りました。
その結果、私と話したいと言ってくれる常連客も増え、お店の売上も30%以上高くなりました。「聞き上手」であることを活かし、貴社の営業職でもお客様に信頼されることで売上にも貢献していきたいと考えています。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「聞き上手」なことです。
現職では営業職として働いています。入社当初はいかに自社のサービスを売り込むかばかり考えており、営業成績も伸び悩んでいました。私はお客様の要望をきちんと理解していないことが原因だと気づき、お客様の話をしっかりと聞くように心がけました。どんなことで困っているか、どんな要望があるのかなどをしっかりヒアリングしてから、営業提案をするように心がけました。
その結果、売上も上がり営業メンバー50人の中でトップセールスになることができました。「聞き上手」なことを活かし、貴社の営業職でもお客様のニーズをくみ取ることで売上に貢献していきたいと考えています。

聞き上手を長所にしたときの短所の選び方

「聞き上手」を裏返すと「優柔不断」「人見知り」「自分がない」「受動的」などが短所となります。

「自分がない」「受動的」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないようにしましょう。

おすすめの短所は「優柔不断」「人見知り」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

面接では話しすぎない

聞き上手を強みにした人は、面接で自分だけが一方的に話しすぎないことに注意しましょう。「聞き上手が強みじゃなかったの?」と疑われてしまいます。会話のキャッチボールを心がけましょう。

まとめ

「聞き上手」を自己PRや長所にするときは、ただ相手の話を聞いているのではなく、相手の意図をくみ取ろうとしていることまで伝えてください。

また、「聞き上手」なことで良い結果・実績が出ていることを伝え、採用するメリットを伝えましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ