MENU

自己PR・長所を気配り(思いやり・優しい・おおらか)にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動、就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「気配り(思いやり・優しい・気遣い・気が利く・おおらか・相手の立場になって考える)」にするときのポイントと例文をご紹介します。

後半では優しすぎるが短所になるのか、気配りを長所にした場合の短所の選び方もご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

気配りとは

さりげない気配りできるアルバイト女性

「気配り」とは、あれこれと細かく気を使うことです。「思いやり」「優しい」「気遣いができる」「気が利く」「穏やか」「おおらか」「相手の立場になって考える」なども同じ強みとなります。

抽象的な言動となりやすいので、自分の強みとしてアピールするのは少し難しいです。

エピソードは1つに絞ろう

自分が気配りであることを証明するための1つ1つのエピソードは薄くなりやすいので、複数のエピソードを紹介する人が多いです。

しかし、エピソードは1つに絞るのがおすすめです。どんな気配りができるのかを具体的に説明するためにも、エピソードは1つにしましょう。

具体的な説明が必要

実際にどんな気配りをしているのかを具体的に説明することが必要です。どんな気配りをしたのかだけでなく、気配りをしようと思ったきっかけや気配り後の反応なども説明しましょう。

ここまで説明しなければ、本当に気配り上手なのかがわからないからです。

相手の立場になって考えた気配りか

独りよがりの気配りでは評価されません。相手の立場になって考えた気配りかどうかもポイントです。相手のためになり、相手が喜ぶような気の利いた気配りをしていることをアピールしましょう。

結果・実績が重要

気配りをしたことで良い結果・実績になることが重要です。気配りをしても良い結果にならないのであれば、強みだとは思ってもらえません。周囲に配慮をすることで良い結果・実績をもたらしたことを証明しましょう。

会社に貢献できることを伝える

最後に気配りという強みを活かすことで、会社に対してどんな貢献ができるかもしっかりと伝えてください。あなたを採用するメリットをしっかりと伝えましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「気配り上手」なことです。
大学のアルバイトでは結婚式場のウェイターをしていました。結婚式では1人あたりの担当数が多く、ドリンク注文の間違いが頻発していました。結婚式を開始すると一気に注文が増えるためです。そこで、結婚式の開始前にビールやウーロン茶など定番のドリンクをテーブルに置くようにしました。また、ドリンクの減り具合を確認しながら、こちらから注文を聞くようにする、専属のドリンカーを配属するなどの改善を行いました。
その結果、ドリンク注文の間違いはほぼ0になりました。私の強みである「気配り」を活かし、貴社の事務職として貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「気配り」ができることです。
現職では営業事務職として、営業のサポート業務を行っています。お客様からの要望があればすぐに対応をしなければいけないため、資料作成に追われていました。このままではいけないと思い、営業担当者に対し、クライアントからどんな要求がある場合に、どんな資料が必要になるかヒアリングを行いました。事前に準備できる資料は作成しておき、すぐに提出できるようにしました。また、営業担当者からヒアリングを行い、お客様が喜ぶような資料作成も行いました。
その結果、営業受注率も50%上がりました。私の強みである「気配り」を活かし、貴社の事務職として貢献できればと考えています。

気配りしすぎるは短所になるのか?

就活生は「長所になる短所」として「気配りしすぎる(優しすぎる・気を遣いすぎる・おおらかすぎる)」を短所にすることがあります。しかし、一般的には「気配りしすぎる」は長所と考えられます。

採用担当者も「気配りしすぎる」は長所だと考えていますし、「長所になる短所」としてわざと短所扱いにしているのだと感じます。そのため、「気配りしすぎる」を短所にするのは避けるのが安全です。

気配りを長所にした場合の短所の選び方

「気配り」を裏返すと「優柔不断」「おせっかい」などが短所となります。

優柔不断」「おせっかい」はおすすめの短所として使えます。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

面接で気配り上手であることを証明しよう

自己PRや長所を気配りにした場合は、面接中でも気配り上手であることを証明しなければいけません。

履歴書では気配り上手であるとアピールしているのに、面接では気配りしているとは感じられない人は多いです。

面接では自分のことばかり話さずに、面接官の話もしっかりと聞いていることをアピールしてください。また、面接中のマナーもしっかりと守ることで、気配り上手であることを証明しましょう。

まとめ

気配りをアピールするときは、エピソードを1つに絞り、具体的にどんな気配りをしているかを説明し、相手の立場になって考えた気配りをしていることを伝えましょう。

また、気配りをしたことで良い結果・実績になったことを伝え、企業に貢献できる人材であることをアピールしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ