MENU

自己PR・長所を協調性・チームワークにするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「協調性」「チームワーク」にするときのポイントと例文をご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

協調性・チームワークとは

協調性がありそうガール

協調性やチームワークとは、他の人と物事をうまく進められる能力を意味します。「調整力」「サポート力」「縁の下の力持ち」も同じ強みとなります。

協調性・チームワークは重要な能力

会社で働くときに協調性やチームワークは非常に重要です。自分1人だけでできる仕事は限られているからです。チームプレイをしなければ大きな仕事をすることはできません。

そのため、協調性やチームワークがあるかを重視する企業は多いです。特にチームプレイが重要な大企業で重視されやすい傾向にあります。

団体行動しているエピソードが重要

「私の強みは協調性です」
「私の強みはチームワークです」

と伝えるだけでは協調性やチームワークがあるのかはわかりません。団体行動しているエピソードを選び、協調性やチームワークがあることを証明しましょう。

また、具体的な行動を伝えることで、協調性やチームワークがあることをしっかりとアピールしてください。

自分の意見がないと思われないようにする

協調性やチームワークをアピールすると「自分の意見がない人なのでは?」「周りに流されているだけでは?」と採用担当者に思われやすいです。自分の意見もしっかりと持った上で団体行動をしていることがわかるようにしましょう。

結果・実績が重要

協調性やチームワークを活かすことでチームや組織に対して良い結果や実績を残すことが重要です。協調性やチームワークを活かしたところで何も結果や実績が出ていないのであれば、協調性やチームワークがあるとは信じてもらいません。

「協調性を活かし○○の結果になった」
「チームワークを活かし○○の実績を残した」

というように必ず結果・実績を示してください。

企業に貢献できるか

最後に協調性を活かすことで、企業に対してどんな貢献ができるかを伝えましょう。協調性があっても企業に貢献できなければ採用する価値はないからです。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「協調性」です。
大学のアルバイトで結婚式のウェイターをしていました。結婚式ではウェイター1人あたりのお客様の担当人数が多いです。そのため、ドリンクミスが頻発しており、問題となっていました。私はウェイターの役割を分け、チーム連携をすることでこの課題を解決できると考えました。ウェイター全員で話し合い、ウェイターのうち2人をドリンカー専属にし、無線を利用しドリンク注文をするようにしました。
注文を受けたら無線でドリンカーに注文をし、席も伝えるので全体のドリンク間違いが0になりました。貴社の事務職でも私の強みである「協調性」を活かし事務ミス0や事務作業の効率化が図れるように貢献したいと考えています。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

就活向け

私の強みは「協調性」です。
大学では軽音楽サークルに所属しています。サークルでは季節毎にイベントライブを開催しています。会場や機材の手配から集客まで幅広い業務が発生します。幹部が中心となって準備を行うのですが、全体の協力がなければ準備は間に合いません。そこで会場・機材の手配係、チラシなどの集客係と大きく役割を分けたうえで準備を行うようにしました。
その結果、今までは会場・機材の手配が遅くなることが多かったのですが、幹部全員で協力することで素早く手配をすることができました。会場が決まることでチラシの制作も早まり、お客様もいつもの50%増にすることに成功しました。私の強みである「協調性」を活かし、貴社の経営管理部でも貢献したいと考えております。

*「自己PR・長所で部活動・サークルをアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「協調性」です。
現職では営業事務職として、営業のサポート業務を行っています。営業担当者からの急な要求への対応も必要なため、険悪な雰囲気になることもありました。そこで営業担当者に対し、クライアントからどんな要求がある場合に、どんな資料が必要になるかヒアリングを行いました。事前に準備できる資料は作成しておき、すぐに提出できるようにしました。また、その場での作成が必要な資料については、営業担当者からヒアリングを行い、お客様が喜ぶような資料作成を行いました。
その結果、営業担当者の営業受注率も50%以上も上がり、関係性も改善できました。私の強みである「協調性」を活かし、貴社の事務職に貢献したいと考えております。

協調性を長所にした場合の短所の選び方

「協調性」「チームワーク」という長所を裏返すと「優柔不断」「自分の意見が言えない」「主体性がない」「自分がない」などが短所となりやすいです。

協調性を長所にしたときのおすすめの短所は「優柔不断」「自分の意見が言えない」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。

「主体性がない」「自分がない」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないように注意してください。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

面接の質問対策

自己PRの強みを協調性やチームワークにすると、チームワークに関する質問をされやすいです。

面接で「チームワークとは」と質問されたときの答え方」「面接で「チームワークを発揮した経験」を質問されたときの答え方」も参考にしてください。

まとめ

協調性やチームワークは仕事をする上で大切な能力です。協調性やチームワークを自己PR・長所にするときは、自分の意見がないと思われないように注意しましょう。

また、協調性やチームワークを証明できる具体的なエピソードを伝え、良い結果・実績が出たことまで伝えてください。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ