MENU

自己PR・長所を真面目・誠実にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「真面目・誠実」にするときのポイントと例文をご紹介します。

後半では真面目すぎるが短所になるのか、真面目を長所にした場合の短所の選び方もご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

真面目とは

真面目そうな男性

「真面目(まじめ)」とは、いい加減なところがなく誠実なことを意味します。「誠実」「律儀」なども同じ強みとなります。

短所と思われないように注意しよう

真面目さは基本的には長所となりますが、真面目さの内容によっては短所と思われてしまうことがあります。例えば、

「臨機応変に対応できない柔軟性がない真面目さ」
「融通が利かない頭の固い真面目さ」

などの真面目さは短所だと思われやすいです。短所と思われないような真面目さをアピールしてください。

言われたことだけをやるだけではダメ

よく「言われた仕事をきっちりやる真面目さがあります」とアピールする人がいますが、ただ言われたことだけをやるような真面目さでは評価されません。

これではいくら真面目でも指示待ち族だと思われてしまいますし、最低限のことしかやらないモチベーションの低い人だとも思われてしまいます。

言われたことはきっちりとやり、プラスアルファで結果を出せるような真面目さが重要です。

柔軟性があることもアピールしよう

真面目さが短所であると思われないように柔軟性があることをアピールしましょう。

真面目なのは仕事への取り組み方や考え方であることがわかるようにしたうえで、仕事の状況に応じては臨機応変に対応できるという柔軟性があることがわかるようなエピソードを選ぶのがおすすめです。

真面目な人ほど考え方を変えないことが多いので、柔軟性があることを印象づけることが大切です。

誠実さをアピールする

真面目さをアピールするときは「うそをつかない」「いい加減なことをしない」「コツコツ努力を継続できる」などの「誠実さ」を示すことがポイントです。正しい真面目さを持っていることをしっかりとアピールしてください。

努力エピソードを選ぼう

真面目・誠実をアピールするときは、真面目にコツコツ努力したというエピソードにしましょう。

「真面目にコツコツと物事に取り組んだ結果、○○を達成した」という流れがおすすめです。こうすることで継続力があることもアピールできます。

実際に仕事をするときは同じような単純作業を繰り返さなければいけないこともあります。単調な仕事が続いたときでも、コツコツ真面目に取り組める人を採用したいものです。

そのため、継続力があることがわかるコツコツ努力したというエピソードにするのがおすすめです。

実績・結果が重要

「私はコツコツ努力できる真面目さがあります」とアピールするだけでは強みだとは思ってもらえません。真面目であることを活かし、良い実績や結果を出したのかが重要です。

会社に貢献できることを伝える

最後に真面目・誠実さを活かすことで、会社に対してどんな貢献ができるのかを伝えてください。採用担当者に採用するメリットを伝えましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」としてください。

就活向け

私の強みは「コツコツと努力できる真面目さ」です。
大学のアルバイトでは家庭教師をしていました。担当した生徒の成績が悪かったのですが、成績が上がるように勉強を教えていきました。まずは、教科書を中心に基本知識を背景から教えていきました。自分が納得できなかった背景知識もあわせて教えることで、きちんと知識を理解できるようにしていきました。また、テスト前には模擬テストを作成し、テストに出そうな範囲を中心的に出題しました。間違えてしまった箇所は重点的に復習を行いました。
その結果、生徒の成績は上がり、志望校に合格することができました。私の強みである「真面目さ」を活かし、コツコツ努力を継続することで貴社の営業職でも売上に貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「真面目」なことです。
現職では経理を担当しています。経理は数字が合えばそれでいいというような風潮が部署内にありました。しかし、実際にしっかりと仕訳をチェックすると、日別では数字が合っていないことも多く、ずさんな経理体制となっていました。私は日々仕訳作業を行い、デイリーで数字を確認できるようにしていきました。また、入力ミスを防ぐためにダブルチェックを行い、正しい数字ができるような仕組み作りをしていきました。
その結果、経理による数字にズレがなくなり、素早く経営数字がわかるようになりました。私の強みである「真面目さ」を活かし、正しさを追求することで貴社の経営管理に必要な管理会計システム導入でも貢献ができればと考えています。

真面目すぎるは短所になるのか?

就活生は「長所になる短所」として「真面目すぎる」を短所にすることがあります。しかし、一般的には「真面目すぎる」場合であっても長所と考えます。

採用担当者も「真面目すぎる」は長所だと考えていますし、「長所になる短所」としてわざと短所扱いにしているのだと感じます。そのため、「真面目すぎる」を短所にするのは避けるのが安全です。

真面目を長所にした場合の短所の選び方

「真面目」を裏返すと「頑固」「融通が効かない」「完璧主義」などが短所となります。

「融通が効かない」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないように注意してください。

おすすめの短所は「頑固」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

真面目・誠実をアピールするときは、「融通が利かない」「柔軟性がない」などの悪印象とならないように注意しましょう。

また、真面目にコツコツ努力したというエピソードを選び、結果・実績をしっかりとアピールしてください。真面目で会社に貢献できる人材だと思わせましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ