MENU

自己PR・長所をマネジメント能力にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「マネジメント能力」にするときのポイントと例文をご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

マネジメント能力とは

「マネジメント能力」とは、組織や運営を管理する能力のことです。「リーダーシップ」よりも管理能力がメインとなっています。

管理職として転職をしたい場合は、マネジメント能力があることを示すことが重要です。どちらかというと転職向きの強みとなります。

役職=マネジメント能力があるとは思われない

特に就活生はサークルや部活の部長、副部長、キャプテン、副キャプテンについているだけで、以下のようにマネジメント能力を強みにしてしまいがちです。

「部活の部長をしていたのでマネジメント能力があります」
「サークルで副キャプテンをしていたのでマネジメント能力には自信があります」
「部下が5名の課長をしていたのでマネジメント能力は高いです」

役職についているからマネジメント能力があるとアピールをしてしまう人は多いですが、役職についているからマネジメント能力があるわけではありません。

マネージャーに適任な人がいないのでマネジメント能力がない人でも役職についているケースもあるからです。

しかし、上記の理由から役職についているからマネジメント能力があるとは採用担当者は考えてくれないのです。マネジメント能力をアピールしたいときは役職を中心に説明することはやめましょう。

マネジメント能力を発揮したエピソードを伝える

マネジメント能力があることを証明するには、マネジメント能力を発揮したエピソードを以下のように具体的に説明することが必要です。

「納期を守るために部下のスケジュール管理を徹底した」
「目標を達成するための指示を伝え、必要に応じて進捗確認と状況確認を行った」

役職と部下の人数も伝える

役職と部下の人数を伝えれば、どれくらいのマネジメント能力があるか伝えやすくなります。

「部下が10名の課長として~」
「アルバイト30人のアルバイトリーダーとして~」
「100名のサークルの部長として~」

というように役職と部下の人数をさりげなくエピソードで説明するようにしましょう。

どれくらいの人間を管理しているかを知ることで、どれくらいのマネジメント力があるのかを知ることができます。さりげなく役職や部下の人数をアピールしましょう。

目標の達成が重要

マネジメント能力を発揮することで当初の目標を達成し、良い結果・実績を出すことが重要です。目標を達成できないのであれば、管理者としての資質を疑われてしまうからです。

会社に貢献できることを伝える

最後にマネジメント能力を活かし、会社に対してどんな貢献ができるのかを伝えましょう。

リーダーシップもアピールしよう

マネジメント能力が高い人はリーダーシップも兼ね備えているものです。マネジメント能力を強みにするときでも、周囲を巻き込むリーダーシップがあることがわかるような内容にしましょう。

こうすればマネジメント能力だけでなくリーダーシップもあることがわかり、管理職や幹部に適した人材であると考えてもらいやすくなります。

*マネジメント力よりもリーダーシップをアピールしたい人は「自己PR・長所をリーダーシップにするときのポイントと例文」を参考にしてください。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「マネジメント能力」です。
結婚式場では10名のアルバイトリーダーを任されました。結婚式中の役割分担や結婚進行の指示が明確ではないため、結婚式中にミスをしてしまうことが課題となっていました。まず、メンバーの能力に合わせてホールスタッフ、ドリンカー、イベントスタッフと役割分担を行いました。また、リーダーしか知らされていない結婚式中のイベント情報や進行情報も共有し、イベントに必要な準備をこまめに無線で連絡し、準備が間に合うように心がけました。
その結果、結婚式中のミスもなくなり、新郎新婦からの感謝の言葉も頂けるようになりました。私の強みである「マネジメント能力」を活かし、貴社のウェディングプランナーとして貢献したいと考えております。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「マネジメント能力」です。
現職ではWebサイト制作部署の課長として10名の部下を率いています。納期を遅れてしまう部下も多いため、納期管理が課題となっていました。まずは案件の管理シートを作り、どの案件がどんな進捗状況になっているかが一目でわかるようにしました。また、制作工程を細かく分け、工程別の納期を設定させたスケジュール管理シートを提出してもらうことで最終的な納期が遅れない仕組みを作りました。
その結果、納期を遅れることもなくなり、対応できる案件数も増えたため、部署内の売上も2倍に伸ばすことができました。私の強みである「マネジメント能力」を活かし、貴社のWeb制作部の部長として貢献したいと考えております。

マネジメント能力を長所にした場合の短所の選び方

「マネジメント能力」を裏返すと「おせっかい」「完璧主義」などが短所となります。

おすすめの短所は「おせっかい」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

マネジメント能力をアピールするときは役職ではなく、マネジメント能力を発揮したエピソードを具体的に伝えましょう。

また、役職や部下の人数をあえて伝えることでどれくらいの管理能力があるかをさりげなくアピールしましょう。

最後に、マネジメント能力を活かすことで目標を達成し、良い結果・実績を出していることをアピールしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ