MENU

自己PR・長所を面倒見がいい(世話好き)にするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「面倒見がいい(世話好き)」にするときのポイントと例文をご紹介します。

面倒見が良い人

自己PR・長所を作るときのポイント

面倒見がいいとは?

「面倒見がいい」とは、人の世話をするのが好きなことを意味します。「世話好き」も同じ強みとなります。

相手の立場に立った気配りが重要

「面倒見がいい」を強みにするときは、相手の立場に立った気配りができることをアピールしましょう。独りよがりのおせっかいをしていると思われないように注意してください。

結果・実績が重要

面倒見がいいことを活かすことで、最終的には良い結果・実績になることが重要です。どれだけ面倒見がいい人でも、結果・実績が出ないのであれば採用されることは難しいからです。

企業に貢献できるか

最後に面倒見がいいことを活かすことで、企業に対してどんな貢献ができるかを伝えましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の長所は「面倒見がいい」ことです。
スーパーのレジスタッフとしてアルバイトをしていましたが、アルバイト間のコミュニケーションもなかったので新アルバイトの離職率が高いことが問題となっていました。そこで、私は新アルバイトの人にも積極的に話しかけ、仕事で困ったらアドバイスをするように心がけました。また、アルバイトメンバーでの飲み会やカラオケなどのイベントにも新アルバイトの人全員を誘うようにしました。別け隔てなく接することでアルバイト間のつながりを強くしました。
その結果、新人の離職率が70%から10%まで下げることに成功しました。現在ではアルバイト教育リーダーも任せられています。私の強みを活かして、貴社の営業職に貢献したいです。

*「自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の長所は「面倒見がいい」ことです。
現在は機器メーカーの営業職をしていますが、営業部の新入社員の離職率が50%と高いことが課題でした。このままではいけないと思い、新入社員に対する積極的なコミュニケーションを心がけました。仕事や人間関係への悩み相談、ランチや飲み会など積極的に行いました。また、飲み会の席次では直属の上司が近くになるようにし、コミュニケーションを活性化させました。さらに上司と新入社員の両方の意見を聞くことで、お互いの改善点をそれとなく伝えるようにしました。
その結果、新入社員の離職率5%まで下がり、営業部としての売上も50%増を達成することができました。私の強みを活かして貴社の営業職でも貢献したいです。

面倒見がいいを長所にした場合の短所の選び方

「面倒見がいい」を裏返すと「おせっかい」「口うるさい」などが短所となります。

「口うるさい」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないようにしましょう。

おすすめの短所は「おせっかい」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

「面倒見がいい」を長所にするときは、相手の立場に立った気配りができることをアピールしましょう。

また、面倒見がいいことで最終的には良い結果・実績が出たことをアピールし、採用に値する人材であることをアピールしましょう!

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ