MENU

自己PR・長所を忍耐力・我慢強いにするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動、就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「忍耐力・我慢強い」にするときのポイントと例文をご紹介します。

後半では我慢強すぎるが短所になるのか、忍耐力を長所にした場合の短所の選び方もご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

忍耐力とは

私耐えてまーすと忍耐力高めの女子

「忍耐力(にんたいりょく)」とは、辛いことや苦しいことに耐える力のことです。「我慢強い」「ストレス耐性」なども同じ強みとなります。

最近ではすぐに会社を辞めてしまう人が増えているため、忍耐力の評価は高くなってきています。

辛いエピソードを選ぼう

忍耐力や我慢強さをアピールするのであれば、自分が一番辛いと感じたエピソードを選ぶ必要があります。辛さに耐えるようなエピソードでなければ、忍耐力があると思ってもらえないからです。

また、エピソードでは「辛いことを我慢しながら努力した結果、困難を乗り越えた」という流れにしましょう。

辛いと感じた理由を伝える

エピソードでは辛いと感じた理由をしっかりと伝えてください。どれくらい大変で辛かったかを伝えないと、採用担当者に「本当に辛かったのかな?」と疑われてしまうリスクがあるからです。

辛いことから逃げ出さなかった理由を伝える

辛いと感じた理由を伝えた後は、辛いことから逃げ出さなかった理由を伝えましょう。前向きな姿勢や人間性をさりげなくアピールすることができますし、その後のエピソードも伝えやすくなります。

ただ我慢しているだけでは評価は低い

「辛いことにただひたすら耐えました→だから私には忍耐力があります」とアピールをする人は多いですが、ただ我慢していたことをアピールするだけでは評価は低いです。

辛いことを我慢できる忍耐力があることはわかりますが、積極性がないと思われ、評価はどうしても低くなってしまうのです。

辛いことを乗り越えるための努力を具体的に伝える

エピソードでは辛いことを乗り越えるために具体的にどんな努力をしたのかを伝えましょう。

ただ我慢しているだけではなく、積極的に困難に立ち向かう気持ちと創意工夫をしている姿勢を示すことが重要です。こうすれば積極性があることもアピールできます。

結果・実績が重要

辛いことを乗り越え、良い結果・実績を出すことが重要です。良い結果・実績がなければ辛いことをただ我慢していただけという印象となってしまいます。

会社に貢献できることを伝える

最後に忍耐力を活かすことで、会社に対してどんな貢献ができるのかを伝えましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「忍耐力」です。
高校では野球部に所属していました。練習が厳しいので辞める人も多く、自分も辞めたいと思うことが何度もありました。しかし、私は辞めたいと思うのは自分が下手なことが原因だと考え、どうやったらもっと上手くなるかを考えて練習に取り組みました。練習はきついことは変わりませんが、少しずつ上手くなっていくことに楽しみを見出すようになりました。また、人からのアドバイスも真摯に受け止めるようになりました。
練習を3年間続けた結果、夢であった甲子園に出場することもできました。私の強みである「忍耐力」を活かし、貴社の営業職でも努力することで、売上で貢献していきたいと考えています。

*「自己PR・長所で部活動・サークルをアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「忍耐力」です。
現職では新規開拓営業を担当しています。入社当初は上手に営業ができず、成績が0の状態が続いており、辞めたいと思うこともありました。しかし、すぐに辞めては負けだと考え、なぜ自分が営業を取れないのかを考えるようにしました。また、上司に同行してもらい、自分の営業手法のどこに問題があるかのアドバイスももらいました。自分のダメな部分を何度も改善することで、次第に受注ができるようになりました。
営業改善を1年続けた結果、新入社員のなかでトップセールスになることができました。私の強みである「忍耐力」を活かし、貴社の営業職でも努力を続けることで売上に貢献していきたいと考えています。

我慢強すぎるは短所になるのか?

長所になる短所として「我慢強すぎる(忍耐力が強すぎる)」を短所に選ぶ人がいますが、一般的に「我慢強すぎる」は長所となります。

採用担当者も「我慢強すぎる」は長所だと思っているので、長所になる短所にしているのだなと感じてしまいます。そのため、「我慢強すぎる」を短所にするのはやめたほうがよいでしょう。

忍耐力を長所にした場合の短所の選び方

「忍耐力」を裏返すと「頑固」「諦めが悪い」「切り替えが悪い」「柔軟性がない」などが短所となります。

「切り替えが悪い」「柔軟性がない」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないように注意してください。

また、「諦めが悪い」は長所になる短所なので選ばないでください。

おすすめの短所は「頑固」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

忍耐力を強みとするには、辛いエピソードを選び、辛いと感じた理由や辛いことから逃げ出さなかった理由まで伝えましょう。

また、辛いことを乗り越えるための具体的な努力を伝え、積極性があることをアピールしましょう。最後に良い結果・実績になったことを伝え、会社に貢献できる人材であることをアピールしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ