MENU

自己PR・長所を慎重さ・用心深いにするときのポイントと例文

2018年05月30日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「慎重さ・用心深い」にするときのポイントと例文をご紹介します。

後半では慎重すぎるが短所になるのか、慎重を長所にした場合の短所の選び方もご紹介します。

自己PR・長所を作るときのポイント

慎重とは

慎重に考えるポーズ

「慎重」とは注意深く、軽々しく物事を行わないことを意味します。「用心深い」「危機管理能力」「視野の広さを活かした慎重さ」も同じ強みとなります。

慎重さは強みだとイメージさせよう

慎重という言葉に対するイメージは人それぞれです。

「用心深い」「危機管理能力がある」などの良い意味に考える人もいれば、「優柔不断」「臆病」「ビビリ」「人を信用していない」「仕事が遅い」などの悪い意味で考える人もいます。

そのため、良い意味での慎重さであることを上手に説明し、慎重さが強みであるとイメージさせることが重要です。どんな慎重さがあるのかを具体的に説明しましょう。例えば、

「ミスをなくすために慎重に何度もチェックしている」
「納期を守るためにも慎重に細かいスケジュール管理をしている」

などのようにアピールをすれば、慎重さは強みだと思ってもらいやすくなります。上記の理由から「慎重さ」を強みだと思ってもらえるかは説明次第となるので注意しましょう。

計画力や視野の広さもアピールしよう

「全体の細かい計画をたてることで時間管理を慎重に行っている」
「仕事の全体工程をイメージすることで、どの工程を慎重に行うべきかわかる」

というようにアピールをすることで計画力や視野の広さをさりげなくアピールすることができます。慎重さは計画性や視野の広さとセットでアピールすることで信憑性も高くなります。

結果・実績も重要

慎重さを活かすことで良い結果・実績になったことを伝えてください。どれだけ慎重に物事を進めても納期を守れない、何の成果も出ていないのであれば、慎重さが強みだとは思ってもらえません。

会社に貢献できることを伝える

最後に慎重さを活かし、会社に対してどんな貢献ができるのかを伝えましょう。

例文

自己PRの場合は「私の強みは~」とし、長所の場合は「私の長所は~」にしてください。

就活向け

私の強みは「慎重さ」です。
ITベンチャー企業でインターン生をしていました。新規メディア開発を任され、半年後にリリースすることになりました。まずは、開発する内容に変更がないか仕様策定を行いました。後で変更がないように、上長からOKをもらうまで仕様策定を行いました。次に、リリース日に間に合うように開発工程別に細かくスケジュールを作成しました。また、毎週開発チームと進捗ミーティングを行うことで、開発遅れはないかなどを確認しました。
その結果、半年後に予定通りリリースをすることができました。私の強みである「慎重さ」を活かし、貴社の開発職でも貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所でインターンシップ経験をアピールするときのポイント・例文」も参考にしてください。

転職向け

私の強みは「慎重さ」です。
現在では営業として働いています。私はお客様の期限を守ることを一番大切にしています。まず、お客様への期限と社内の期限を分けて考えるようにしています。確実にお客様の期限に間に合うように、社内の期限は少し前倒しをしています。こうすることで社内の進捗で遅れがあっても、お客様の期限に間に合わせることができます。また、仕事には早めに取り組み、チームの協力が必要な場合は、期限のリマインドや早めの依頼を心がけています。
その結果、お客様からの信頼を勝ち取り、既存顧客からの売上が前年比の500%となりました。私の強みである「慎重さ」を活かし、貴社の営業職でも貢献できればと考えています。

慎重すぎるは短所になるのか?

「長所になる短所」として「慎重すぎる」を短所にすることがあります。これは非常に判定が難しいところです。長所とも言えるし、短所とも言えるからです。エピソードの内容によっては長所と思われることもあります。

また、採用担当者の多くは「慎重すぎる」は長所だと考えていますし、「長所になる短所」としてわざと短所扱いにしているのだと感じます。あざとい人だと思われやすいため、「慎重すぎる」を短所にするのは避けるのが安全です。

慎重を長所にした場合の短所の選び方

「慎重」を裏返すと「優柔不断」「仕事が遅い」「臆病者」などが短所となります。

「仕事が遅い」「臆病者」は致命的な短所となりやすいので、短所に選ばないように注意してください。

おすすめの短所は「優柔不断」です。エピソードでも改善努力を伝えやすいので、無難な短所となります。それ以外の無難な短所もおすすめです。「就活や転職で役立つ!自分の短所例の一覧」も参考にしてください。

まとめ

慎重さを強みにするときは、優柔不断やビビリなど弱みだと思われないように注意しましょう。計画性や視野の広さを一緒にアピールすることで、慎重さが強みであることを伝えましょう。

最後に良い結果・実績を伝えることで、慎重さを活かすことで会社に貢献できる人材であることをアピールしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ