MENU

自己PR・長所を体力がある・健康にしてもよいのか?

2018年05月18日更新

転職活動や就職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR・長所を「体力がある」「健康」にしてもよいのでしょうか?自己PR・長所で体力がある・健康をアピールするときのポイントや例文もあわせてご紹介します。

体力単体では強みにならない

健康だけが取り柄のとぐろ風の人

「体力がある」「健康に自信がある」「スタミナがある」などは素晴らしい能力です。健康で病気もせず会社に出勤できることは企業としても好ましいです。

これほど重要な能力はありませんが、これほど軽視されやすい能力でもあります。体力があることや健康であることは当たり前の前提条件として考えている採用担当者が多いからです。

また、採用担当者としては「体力がある」「健康である」とだけアピールをされても、「それ以外に会社に役立つような強みはないの?」と感じてしまうものです。

そのため、体力があることや健康であることは単体では強みとはなりにくいのが実情です。無理に強みとしてアピールするのは避けたほうがよいです。

ただし、肉体作業、配送業、マスコミ関係など体力が必要な仕事においては体力や健康の評価は高くなります。

*「無遅刻無欠席」「皆勤賞」も同様に強みとはなりません。「自己PR・長所を「無遅刻無欠席」「皆勤賞」にしてもよいのか?」も参考にしてください。

サブの強みとしてさりげなくアピール

どうしても体力や健康をアピールしたいのであれば、メインの強みを継続力な忍耐力など別のものにした上で、サブの強みとしてさりげなくアピールをしましょう。

「私の強みは忍耐力です。厳しい部活で鍛えた自慢の体力と一緒に~」
「私の強みは継続力です。健康であることも幸いし○○を5年間毎日継続できています。」

などのように文章内でさりげなくアピールをしてください。また、スポーツ系のエピソードでなければ、信憑性は低くなりやすいので注意してください。

例文(就活向け)

私の強みは「忍耐力」です。
高校では野球部に所属していました。練習が厳しいので辞める人も多く、何度も辞めたいと思いました。しかし、私は辞めたいと思うのは自分が下手なことが原因だと考え、どうやったらもっと上手くなるかを考えて練習に取り組みました。練習はきついことは変わりませんが、少しずつ上手くなっていくことに楽しみを見出すようになりました。また、人からのアドバイスも真摯に受け止めるようになりました。
練習を3年間続けた結果、夢であった甲子園に出場することもできました。私の強みである「忍耐力」と部活で培った「体力」も活かし、貴社の営業職に貢献したいと考えています。

*「自己PR・長所を忍耐力・我慢強いにするときのポイントと例文」も参考にしてください。

まとめ

体力があることや健康であることは社会人として素晴らしい能力ではありますが、働く上で前提の能力となっているので、メインの強みにしてはいけません。

体力や健康をアピールしたいのであれば、サブの強みとして自己PRや長所の文章内でさりげなくアピールをしてください。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ