MENU

面接で志望動機を聞かれない?面接で志望動機を聞かれなかった理由とは

2018年04月12日更新

転職活動や就職活動の面接で志望動機を質問されることは多いですが、志望動機を聞かれなかったという経験をした人は意外と多いです。

面接で志望動機を聞かれないと不合格になったのではないかと不安になりますよね。面接で志望動機を聞かれなかった理由は何でしょうか?

早く面接を終わらせたい

面接中に「この人は不採用」と決めると面接を早く終わらせようとするものです。志望動機を質問すると面接時間が長くなるので、意図的に質問しないケースは多いです。

就職活動では志望動機は定番の質問です。志望動機を質問されないと不合格になる可能性は高くなってしまいます。

応募書類に詳細な志望動機が書いてある

履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類に詳細な志望動機が書いてある場合は、志望動機を質問しないという合理的な面接官は多いです。

応募書類を見れば志望動機がわかるからです。この場合は志望動機を見て気になることがあれば質問する程度になることが多いです。

意図的に質問をしない

志望動機は定番の質問なので模範的な回答をされることが多いです。これでは応募者の本音が見えないと考え、志望動機などの定番の質問をあえてしないという面接官は意外と多いです。

志望動機以外のことが聞きたい

主に転職活動となりますが、志望動機よりも職務経歴を聞きたいという面接官は多いです。志望動機よりも今までのキャリアや仕事内容を聞きたいので、志望動機を質問する暇がないというケースもあります。

最終面接で意思確認が目的

主に就職活動となりますが、役員陣による意思確認がメインの最終面接では志望動機を質問しないケースは多いです。入社意思があるかの確認をする質問がメインとなるからです。

最終面接は顔合わせや意思確認程度って本当?最終面接で入社の意思確認をされたときの上手な答え方」も参考にしてください。

質問し忘れた

単純に志望動機を質問するのを忘れているケースもあります。面接後半になると疲れがたまってきて質問し忘れることは意外とあります。

まとめ

面接で志望動機を質問しないケースは様々なので、志望動機を質問されないことで不合格になることもあれば、合格になることもあります。こればかりは面接の状況や面接官次第です。志望動機を質問されなかったから不合格と思い込まないようにしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ