MENU

履歴書・ESの「私の特徴(自分の特徴)」欄の書き方

2018年06月02日更新

転職活動、就職活動の履歴書やESには「私の特徴(自分の特徴)」欄があるフォーマットもあります。履歴書に「私の特徴(自分の特徴)」欄があった場合の書き方をご紹介します。

同じ意味の欄

「私の特徴」が「自分の特徴」「あなたの特徴」となっているフォーマットもあります。「私の特徴」と同じ意味となるため、書き方は同じです。

*「自覚している性格」欄も基本的に同じ書き方です。

私の特徴≒長所

「私の特徴≒長所」と考えてください。「私の特徴」の書き方は基本的に長所と同じです。「面接であなたの長所は何ですか?と質問されたときの答え方」も参考にしてください。

欄が大きい場合は短所も書く

「私の特徴」の欄が大きい場合は、長所だけでは欄が余ってしまいます。そのため、長所だけでなく短所も書くようにしましょう。書き方は基本的に長所・短所の場合と同じです。「長所・短所の書き方」も参考にしてください。

*長所だけで埋まる場合は、長所だけで逃げ切っても構いません。

「○○な特徴」と言い換えよう

「私の長所は○○です。短所は△△です。」としても問題はないのですが、「私の特徴」となっているので「私の特徴は○○です。」と言い換えるのがおすすめです。質問は「特徴」となっているので「特徴」で答えるべきだからです。

例文

欄が小さい場合→長所のみ

【就活向け】
私の特徴は「負けず嫌い」なことです。勝つために最後まで努力をすることができます。高校では野球部として甲子園を目指していました。弱小高校であったため、朝練習を毎日継続し、部活が終わったあとも素振りの練習に励みました。また、強豪校のデータ収集も積極的に行いました。その結果、3年生のとき甲子園に出場するという夢をかなえることができました。

【転職向け】
私の特徴は「協調性」です。サポート業務に徹し、全体の効率を上げることが得意です。現職では営業事務をしていますが、急な資料作成が必要なことも多いです。営業担当者が必要そうな資料を随時ヒアリングしておくことで、事前に作成できる資料は準備するように心がけています。営業からよろこばれるだけでなく、売上も30%上がりました。

欄が大きい場合→長所+短所

【就活向け】
私の特徴は「素直さ」です。正しいアドバイスを受け止めることができます。飲食店のホールスタッフをしていますが、うまく仕事ができない日々が続いていました。先輩から「挨拶はしっかりとする」「注文はきちんと確認する」など様々なアドバイスをもらいました。ときには厳しい指摘もありましたが、アドバイスを真摯に受け止め、仕事の改善に活かした結果、今ではアルバイトリーダーを任されています。
一方で「せっかち」という特徴もあります。重要な決断も即決してしまう傾向にあります。そのため、決断をするときはすぐに決めないようにしています。考える時間を設けたうえで、正しい決断なのか判断するようにします。その結果、決断で失敗することも減り、正しい決断ができるようになりました。

【転職向け】
私の特徴は「真面目」なことです。現職では経理を担当していますが、数字が合っていないことも多く、ずさんな経理体制でした。そこで、日々仕訳作業を行うようにするだけでなく、入力ミスを防ぐためにダブルチェックを行い、正しい数字が出る仕組みを作っていきました。その結果、数字が合うようになり、正しい数字がわかるようになりました。
一方で「頑固さ」という特徴もあります。こだわりが強いため効率が悪くなることがあります。そのため、物事に取り組む前にこだわるポイントを見極めるようにしています。全てをこだわるとキリがないので、重要なポイントに集中してこだわるようにしました。その結果、以前よりも物事を効率よく進められるようになりました。

長所・短所欄がある場合

まれにESで「長所・短所」欄があるのに「自分の特徴」欄があるときもあります。この場合は、「長所・短所」欄に書いたものとは別の長所・短所を書きましょう。

まとめ

「自分の特徴(私の特徴)」は基本的に長所と書き方は同じで、「特徴は○○」と言い換えるだけです。また、欄が大きい場合は短所まで書くようにしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ