MENU

満年齢とは?履歴書の正しい年齢の書き方

2017年05月26日更新

履歴書で年齢を書こうとすると「満◯◯歳」という欄があります。自分の年齢はわかっても「満何歳です」と言ったことはないですよね。そのため、どうやって年齢を書けばいいのか悩んだ人も多いのでないでしょうか?今回は、履歴書における正しい年齢の書き方をご紹介します。

満年齢

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは、誕生日を基点として年齢を数えていく考え方です。一般的な年齢の考え方と同じで、生まれた日(誕生日)を0歳とし、誕生日ごとに1歳ずつ加齢していきます。

履歴書の日付時点の年齢を書く

基本的には履歴書を作成した日、もしくは、履歴書を郵送した日の年齢を書きます。「履歴書の日付は記入日?提出日?持参と郵送で変わる日付の書き方」を参考にしてください。

記入例1

記入日と郵送日が同じ場合で考えてみましょう。誕生日は「1984年8月9日」で、履歴書の日付は「2017年5月24日」とします。この場合の年齢は「満32歳」となります。

記入例2

記入日と郵送日が同じ場合で考えてみましょう。誕生日は「1984年8月9日」で、履歴書の日付は「2017年8月9日」とします。この場合の年齢は「満33歳」となります。

記入例3

記入日と郵送日が違う場合で考えてみましょう。誕生日は「1984年8月9日」で、履歴書の作成日は「2017年8月1日」とします。しかし、履歴書の郵送日は「2017年8月5日」とします。すると履歴書の日付は「2017年8月5日」となります。この場合の年齢は「満32歳」となります。

記入例4

記入日と郵送日が違う場合で考えてみましょう。誕生日は「1984年8月9日」で、履歴書の作成日は「2017年8月8日」とします。しかし、履歴書の郵送日は「2017年8月9日」とします。すると履歴書の日付は「2017年8月9日」となります。この場合の年齢は「満33歳」となります。

満年齢の書き方は履歴書を作成した日付時点での年齢を書きます。地味に悩む項目ですので、きちんと理解しておきましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ