MENU

油断大敵!意外と深い履歴書の名前の書き方

2017年05月23日更新

履歴書の名前を書くなんて簡単だと思いがちです。しかし、文字の大きさやバランスなど気をつけるべき点があります。今回は油断しがちな、履歴書の名前の書き方をご紹介します。

名前欄は大きく書こう

履歴書の名前欄

履歴書に書く文字の大きさは、全体を通して同じ大きさにするのが基本ですが、名前だけは他の欄より大きく書きましょう。

苗字と名前の間はあけよう

苗字と名前

人によっては苗字と名前の区切りがわかりづらい人もいます。苗字と名前の間は一文字あけましょう。

苗字と名前の間は一文字あける

あけていないと変ですよね。

バランスも大切

名前が右すぎ

左や右に偏っていたり、名前が大きすぎたり小さすぎたりするのはいけません。名前の文字数にもよりますが、バランスよく名前を書きましょう。

ふりがな・フリガナ

ふりがな→平仮名
フリガナ→カタカナ

で書きましょう。また、名前欄と呼応する形でふりがなを書いてください。

名前なんて簡単と思いがちですが、意外と注意点は多いものです。他の欄より文字を大きくし、苗字と名前の間は一文字あけ、バランスよく名前を書きましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ