MENU

転職回数で変わる職務経歴書の書き方

2017年08月28日更新

職務経歴書の書き方は、転職回数によって変える必要があります。転職回数別の職務経歴書の書き方をご紹介します。

0~1回目

転職回数が0~1回目(在籍した会社数は1~2社)の場合は、「編年体形式」「逆編年体形式」で書くのが一般的です。

編年体形式の職務経歴書

詳細は「1社のみの職務経歴しかない場合の職務経歴書の書き方」「職歴が2社の場合における職務経歴書の書き方」を参照してください。

2回目

転職回数が2回目(在籍した会社数は3社)の場合も、「編年体形式」「逆編年体形式」が書きやすいケースが多いです。

ただし、キャリアによっては「キャリア式」が有効なケースもあります。詳細は「転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方」を参照してください。

3回以上

転職回数が3回以上(在籍した会社数は4社以上)の場合は、「キャリア式」が書きやすいケースが多いです。

キャリア式の職務経歴書

詳細は「転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方」を参照してください。

まとめ

転生回数によって職務経歴書の書き方は変わります。以下の転職回数を目安に職務経歴書を書きましょう!

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ