MENU

転職回数が多い場合の自己PRの書き方・伝え方【面接の自己紹介にも使える】

2016年12月16日更新

転職回数が多い場合は、自己PRの書き方や伝え方が重要です。いかに転職回数の多さを好印象に変えるかがポイントです。書類選考や面接でも使える転職回数が多い場合の自己PRの書き方・伝え方をご紹介します。面接で「自己紹介をしてください」と言われたときにも使えます。

転職回数が多い人にあきらかに敵意を抱く面接官

職務経験を中心に自己PRを形成する

転職回数が多い場合、あえて「転職回数の多さ=職務経験」を自己PRにしましょう。自分の長所や性格などを自己PRすると、何回も転職しているのに中身がない人間という印象になりやすいです。また、ネガティブな原因で何回も転職していると評価されやすくなります。

職務経験を簡潔に述べる

職務経験を経験年数とともに簡潔に伝えます。なぜ転職したのかを伝えないと、ただ転職回数が多いという印象になってしまいます。

キャリアに一貫性を持たせる

キャリアには一貫性を持たせましょう。キャリアに一貫性がない場合は、自分のキャリアに一貫性を見出し、なんとしてもキャリアに一貫性を持たせてください。

成果や経験は具体的に

仕事を通じて得た成果や経験は具体的に書きましょう。数字を利用するとより具体的にアピールできます。

転職理由をポジティブに伝えよう

転職理由は会社単位で伝えます。その際に、ポジティブな理由で転職したことを伝えましょう。キャリアに一貫性があり、キャリアアップをしている印象を与えることが重要です。

前向きな表現をする

転職回数が多い人は暗い言葉を使いがちです。前向きな言葉だけを使いましょう。

長く勤めたいPRも入れよう

自己PRの中でも、長く働きたいというキーワードを入れましょう。いろんな質問で「長く勤めたい」アピールをすることで、転職の本気度も伝わりやすくなります。

自己PRの良い例文

新卒でWeb広告の営業マンとして、2年働きました。その後、SEOコンサルタントとして二社で4年、Webサイトディレクターとして2年働きました。仕事を通じて自分が必要だと思った知識を学べる会社へ転職をし、総合的なWebコンサルティングができるようになったことが私の強みです。

一社目では、Web広告の営業を通じて、Webサイトがどのように広告を活用し、売上を伸ばすかを学びました。しかし、それだけでは全体的なサイト改善の提案ができず、サイト設計の根幹に関わるSEOコンサルタントに転身しました。

二社目では、SEOを中心にサイト改善、キーワード分析などサイト設計に関する知識を学びました。また、どのようにすれば広告以外からの集客ができるか学びました。

三社目では、さらにSEOの専門性を高めたいと思い、業界でTOP技術を持つ会社へ転職しSEOスキルを高めました。

四社目では、今までの知識を活かし、サイト全体のコンサルティング提案を行いました。初期設計から、集客、広告設計までサイト全体の改善提案ができるようになりました。

Web業界で自分が必要だと思った知識を学び、どのような改善をすればWebサイト全体での集客が効率的にできるかを学びました。この強みを活かし、貴社のWeb事業の長期的かつ安定的に数字を伸ばしていきたいと考えています。

自己PRの悪い例文

私の長所は前向きなところです。今までいろいろなWebの仕事を経験してきましたが、前向きに取り組むことで幅広い知識を学びました。この経験を活かし、貴社のWeb事業に貢献したいと考えています。

→ざっくりしていますよね。また何社も経験しているのに具体的に何を学んでいるのかもわかりません。

転職理由とも一貫性を持たせる

実は、自己PRの考え方は、「転職回数が多い理由の伝え方」に近いです。転職回数が多い理由の良い例文も、自己PRの良い例文と言いたい内容は同じです。転職回数が多い理由と同じような内容を伝えることに不安を覚えるかもしれませんが、伝える内容に一貫性を持たせることができます。

面接官は話している内容に一貫性があるかも確認しています。そのため、話す内容に一貫性を持たせることは、採用につながりやすいケースが多いです。

転職回数が多いと、自己PRの書き方・伝え方も重要となります。転職回数が多いと書類選考通過も難しくなってきます。まずは書類選考通過ができるような自己PRを書きましょう。

転職回数が多い場合の自己PRの書き方・伝え方をご紹介しました。転職回数が多くても、転職成功は可能です。転職回数が多くても転職成功させる人の違いも参考にしてくださいね。

自己PRは添削してもらおう

転職回数が多いことが原因で自己PRがうまく書けない場合は、転職エージェントに無料で添削してもらいましょう。また、転職エージェント経由で企業に応募すると、書類選考も通過しやすくなるのでおすすめです。

おすすめページ

登録カテゴリ