MENU

「転職回数が多い理由は何ですか?」と面接で質問された場合の答え方

2016年12月16日更新

転職回数が多い人が面接すると、必ず受ける質問が「転職回数が多い理由は何ですか?」です。面接で転職回数が多い理由を質問されたら、どのように答えればよいのでしょうか?

「転職回数が多いのはなぜですか?」と定番の質問をしてドヤ顔の面接官

ネガティブな言葉を使わない

まず、転職回数の多さを説明するときはネガティブな言葉を使いがちですが、ネガティブな言葉はマイナス評価となるのでやめましょう。

また、転職回数の多さがネガティブな理由であったとしても、ネガティブに伝えてはいけません。ネガティブの理由の裏に、ポジティブな理由が隠れています。ネガティブはポジティブに裏返しましょう。

転職理由の前に職務経験を伝える

転職理由を伝える前に、職務経験を伝える必要があります。どんなキャリアを歩み、なぜ転職したのかをきちんと伝えないと、転職が多くなった背景が伝わりません。

面接官はあなたのことをまったく知りません。面接官がどんな理由で転職を繰り返したのかがわかるように、職務経験をきちんと伝えましょう。

職務経験を簡潔に述べる

職務経験の概略を書きます。業務内容と経験年数を伝えましょう。

キャリアの一貫性を持たせる

転職回数が多い場合、キャリアに一貫性がなければ採用されないでしょう。そのため、キャリアに一貫性を持たせます。仮にキャリアの一貫性がないとしても、その経験には何かしらつながりがあるはずです。キャリアの一貫性を持たせましょう。

成果や経験は具体的に

仕事を通じて得た成果や経験は具体的に書きましょう。数字を利用するとより具体的にアピールできます。

転職理由はポジティブに

会社の転職理由は、転職した会社毎に伝えます。その際に、ポジティブな理由で転職したことを伝えましょう。あくまで一貫性があり、キャリアアップにつながるイメージを与えることが重要です。

前職の悪口を言わない

転職理由を伝えるときに、前職の悪口を言わないようにしましょう。不満があって転職をしたと思われてしまうからです。

長く勤めたいアピールも

転職回数が多いと、すぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。そのため、長く働きたいというアピールを入れましょう。

転職理由の良い例文

転職した理由をご説明するために、まずは私の職務経歴からお話させてください。

新卒でWeb広告の営業マンとして、2年働きました。その後、SEOコンサルタントとして二社で4年、Webサイトディレクターとして2年働きました。なぜ転職をしたのかと言えば、総合的なWebサイト改善ができるようになりたいと考えていたからです。

一社目では、Web広告の営業を通じて、Webサイトがどのように広告を活用し、売上を伸ばすかを学びました。しかし、それだけでは全体的なサイト改善の提案ができず、サイト設計の根幹に関わるSEOコンサルタントに転身しました。

二社目では、SEOを中心にサイト改善、キーワード分析などサイト設計に関する知識を学びました。また、どのようにすれば広告以外からの集客ができるか学びました。

三社目では、さらにSEOの専門性を高めたいと思い、業界でTOP技術を持つ会社へ転職し、SEOスキルを高めました。

四社目では、今までの知識を活かし、サイト全体のコンサルティング提案を行いました。初期設計から、集客、広告設計までサイト全体の改善提案ができるようになりました。

Webサイトをよりよくするために、幅広い知識を学び、本質的なサイト改善ができるような人材になりたいと思い転職をしてきました。その結果、サイト売上やPVを10倍以上に改善することができるようになりました。Webサイトで本質的な改善ができるような人材になれるように今まで転職をしてきました。ここまで今までの転職理由です。

今回の転職理由は、この強みを活かし、ずっと携わりたいと感じていた貴社のWeb事業で長期的かつ安定的に数字を伸ばしていきたいと感じたからです。

転職理由の悪い例文

このようなネガティブな理由では確実に面接で落とされます。

転職回数が多いと、転職理由に正当性をもって説明できるかが勝負となります。そのため、キャリアに一貫性を持たせることに重きを置いて転職理由を考えてみましょう。

転職回数が多い理由を自分だけでうまく考えられそうもないのであれば、転職エージェントに転職相談をしましょう。無料で面接シミュレーションも受けられるので、面接通過率が上がるのでおすすめです。

転職回数が多い理由の答え方をご紹介しました。転職回数が多くても、転職を成功させることは可能です。転職を繰り返しても転職成功している人の特徴も参考にしてくださいね。

面接対策をしよう

面接だけは自分だけでは何が悪いのかわかりません。面接がうまくいかない人は、一度転職エージェントで面接対策を受けましょう。

おすすめページ