MENU

転職回数が多い場合の志望動機の書き方・伝え方

2016年12月16日更新

転職回数が多い場合は、志望動機の書き方が重要です。どうしても悪印象となる転職回数の多さをどうリカバリーするかが重要です。それでは、転職回数が多い場合の志望動機の書き方・伝え方をご紹介します。

転職回数が多すぎて志望動機がかけなくて発狂してます

転職回数の多さをプラスの経験に変える

転職回数の多さをプラスの経験に変えることが重要です。「幅広いスキルを身につける」「専門性を身につける」など採用したくなる表現をしましょう。

キャリアに一貫性を持たせる

転職回数が多くても、キャリアに一貫性があればプラス評価となります。仮にキャリアの一貫性がないとしても、各転職先での経験にはつながりがあるはずです。キャリアに一貫性を持たせましょう。

前向きな表現をする

転職回数が多い人はネガティブな表現をしがちです。ネガティブな言葉ではなく、ポジティブな言葉で前向きな表現をしましょう。

長く勤めたいアピールを

転職回数が多いと、すぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。そのため、志望動機の中にもしれっと長く働きたいというアピールを入れましょう。

志望動機の良い例文

私はWebサイトの本質的な改善ができるようになるために、Web広告、SEO、Webマーケティング・コンサルティングなど幅広い職務を経験しました。これらの仕事を経験する中で、他社の事業ではなく自社の事業を伸ばす側に回りたいと考えるようになりました。

私がずっと携わりたいと考えていた旅行サイトの新規メディア立ち上げという御社の募集をみて「働きたい」と強く感じました。メディア立ち上げには、総合的な経験や能力が必要になるため、今までの経験を活かすことができます。これらの経験を活かすことで、貴社のメディア数字・売上を伸ばし、長く貢献していきたいと考え、貴社を志望致しました。

志望動機の悪い例文

私は今までいろいろな仕事を経験してきました。しかし、仕事の内容は労働条件から転職回数が増えてしまいました。しかし、貴社の求人要項をみて「私が求めていた仕事はこれだ!」と感じました。今までの経験を貴社でも活かせると思い、志望致しました。

転職回数が多い場合は、志望動機にも転職回数の多さをプラスに変える工夫が必要です。転職回数が多いと、書類選考で落とされやすくなるため、志望動機もきちんと対策をして書きましょう。

転職理由とも一貫性を持たせる

志望動機の考え方は、「転職回数が多い理由の伝え方」に似ています。転職回数が多い理由とも内容を連動させると、伝える内容に一貫性を持たせることができます。

面接官は話している内容に一貫性があるかも確認しています。そのため、話す内容に一貫性を持たせることは、採用につながりやすいケースが多いです。

転職回数が多い場合の志望動機の書き方をご紹介しました。転職回数が多くても、転職を成功させることは可能です。転職を繰り返しても転職成功している人の転職術も参考にしましょう。

転職エージェントに添削してもらう

転職回数が多く、履歴書での志望動機の書き方や面接での伝え方が不安な場合は、転職エージェントで添削や指導を受けてから転職活動を行いましょう。選考通過率が変わります。

おすすめページ