MENU

転職回数が多いのになぜ?転職を繰り返していても転職を成功させる人はここが違う!

2017年04月26日更新

転職回数が多いと転職活動は不利になります。しかし、転職を繰り返しているようにみえるのに転職を成功させる人がいます。なぜ転職回数が多くても転職に成功するのでしょうか?

成功それはサクセス

キャリアに一貫性がある

転職回数は「30代で3回まで」「40代以上で5回程度」までが一般的です。しかし、中には転職回数がそれ以上であっても軽やかにキャリアアップを成功させている人がいます。

彼らの違いは「キャリアに一貫性がある」ことです。同じ業界の中でスキルを身につけるために計画的に転職をしています。そのたびに自分の能力とキャリアを高めているため、転職を繰り返しても企業は採用をします。

キャリアに一貫性があれば、転職回数が多くても転職を成功させることができます。

即戦力となる実績・キャリアがある

採用すれば即戦力となる実績やキャリアがあれば、転職回数が多くても転職することができます。新規事業を立ち上げ売上◯億まで成長させた、有名企業Aの取締役だったなど即戦力となるような実績やキャリアがあれば転職成功できます。

上記に当てはまらない場合の対処法

上記に当てはまらない場合はどうすればよいのでしょうか?大丈夫です。まだ方法はあります。

キャリアに一貫性を持たせ、転職理由を明確に

即戦力となる実績・キャリアは難しくても、キャリアに一貫性を持たせることは可能です。特に、転職理由を伝える際にはキャリアの一貫性を意識しましょう。転職理由を明確にポジティブに伝えることができれば、書類選考や面接の通過率も高まり、転職を成功させやすくなります。

転職回数の多さを自己PR・志望動機に利用

転職回数の多さはマイナス評価となりやすいです。そこで、マイナス要素をプラス要素に変えることができれば評価も高くなります。自己PR、志望動機にも「転職回数の多さ=職務経験」をあえて利用し、キャリアに一貫性を持たせると採用されやすくなります。

会社に残る選択肢を持つ

転職はしたいけれど今のキャリアやスキルでは転職が難しい場合は、今の会社に残る選択肢を持ちましょう。そして、今の会社で評価されるような仕事の成果を残しましょう。そうすれば転職回数が多く、年齢が高くなっても転職することができます。

即戦力となる実績・キャリアを積むのです。能力は未来進行形で考え、未来の転職に向けて能力を磨きましょう。

スカウトを待つ

転職活動がなかなかうまくいかないときは待つ姿勢も重要です。転職サイト大手のリクナビネクストのスカウト機能を利用して企業からのスカウトを待ちましょう。職務経歴からあなたを必要とする企業がいるかもしれません。

ヘッドハンティングを待つ

スカウトと同様にビズリーチに登録してヘッドハンティングを待つのもおすすめです。年収が500万円以上あるなら、ビズリーチに登録し、しっかりとレジュメ登録をしましょう。そうすれば、ヘッドハンターからスカウトが来るようになります。

転職回数が多いのに転職を成功させる人に共通するのは「キャリアに一貫性がある」「即戦力となる実績・キャリアがある」です。この2つを意識すれば転職回数が多くても、転職を成功させることが可能です。

今の状況では無理な場合は、それ以外の対処法を参考にし、転職を成功させる確率を上げましょう。

おすすめページ