MENU

転職回数が多いと不利?転職は何回までなら大丈夫?

2016年12月16日更新

「転職は何回までしても大丈夫?」
「転職回数が多いと転職できない?」
「転職回数は3回までって本当?」

平均勤続年数が長い日本では、平均転職回数も「約3回」と少ないです。そこで気になるのは、転職回数の多さが転職活動にどんな影響を与えるかですよね。転職は何回までならしてもよいのでしょうか?

3回までが基本

3

よく言われるのが「転職は3回まで」です。平均転職回数のデータからもわかるように「3回」までの転職であれば、問題なく転職できることが多いです。

20代は2回

ただし、20代で3回転職経験があると転職活動は不利となります。できれば2回以内に抑えておくとよいでしょう。

30代は3回

30代の場合は、転職回数が3回以内であれば転職はしやすいです。

40代以上の場合はキャリアによる

40代以上の場合は、4~5回であれば転職に影響がないケースが多いです。ただし、キャリアの一貫性や能力がない場合は、転職回数が多いと転職に不利です。

年齢が高くなれば6回以上の転職であっても問題とならないケースもありますが、5回を超えると採用担当者の考えによっては「転職回数が多い」と判断され選考が通らないケースも多いです。

ただし、ハイスペック・ハイキャリアの場合は転職回数が5回以上であっても転職できるケースが多いです。特にエグゼクティブ層になると転職回数はあまり問題にならないケースが多い傾向にあります。

短期間の転職は危険

ただし、転職回数はある程度の勤務期間がある前提です。短期間で転職を繰り返している場合は、転職回数が基準を満たしていても転職できない可能性が高くなります。

年齢にもよりますが、30代までは3回、40代以上は5回以内であれば、転職回数で不利になることは少ないでしょう。適正な転職回数を考えたうえで、転職活動を行いましょう。

回数別

転職回数別に解説してみました。

2~5回

6回以上

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ