MENU

転職回数が多い30代は不利?30代は何回まで転職してもいい?

2016年12月16日更新

「30代の転職回数はどのくらい?」
「何回までなら転職に不利じゃないの?」
「転職回数が多い30代は転職できない?」

30代は多様なキャリアとなるため、転職回数が多い人もいれば少ない人もいます。30代の転職回数は何回までなら不利とならないのでしょうか?また、平均転職回数はどれくらいなのでしょうか?

30代の平均転職回数

30代スーツ姿

まず30代の平均転職回数ですが、「転職者実態調査(2006年)の性、年齢階級・学歴・今の会社での仕事内容、転職回数別一般正社員の転職者割合」によると、30代の平均転職回数は「2.65回」となります。30代前半で2.5回、30代後半で2.8回です。

少々古いデータとなりますが、政府統計の数字ですので信頼性が高いデータとなっています。ただし、6回以上の転職は6としてカウントした計算しているので、実際は2.65回以上となります。詳細データは以下となります。

30~34歳 34~39歳
平均転職回数 2.5回 2.8回
1回 30.9% 20.2%
2回 24.8% 22.6%
3回 21.7% 32.5%
4回 12.9% 11.1%
5回 5.4% 6.4%
6回以上 4.3% 7.2%

30代は3回までなら転職してもOK

30代の平均転職回数が「2.65回」ということからも3回以内であれば転職をしてもよいことになります。実際採用担当者の意見としても30代であれば3回の転職回数であればそこまで気にしないケースが多いです。

30代後半では5回でもよいケースも

30代後半になると即戦力が求められるため、ハイスペック・ハイキャリアであれば5回程度の転職回数であれば問題なしというケースもあります。実際に40代以上であれば5回程度であれば転職回数は不問という人事部も多いです。

ただし、一貫したキャリアがあり、入社日から即戦力という条件がつきます。そのため、限られた人のみ5回まではOKですが、多くの場合は3回以内に転職回数におさえておくと考えてください。特に、30代前半は3回以内におさえておきましょう。

短期間の転職歴があるとマイナス

ただし、短期間の転職歴があるとマイナス評価になることが多いので注意しましょう。

年齢・転職回数別事例

30代で転職回数で悩んでいる人へアドバイス事例を紹介しています。

30代前半

30代後半

30代の転職回数は3回までにおさえておきましょう。転職回数が多くて悩んでいるのであれば、30代向けの転職エージェントに転職相談をしてみましょう。また、転職サイトへ登録し、転職候補先も増やしましょう。

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ