MENU

海外の転職回数はどれくらい?アメリカの転職回数は日本より多い?

2016年12月16日更新

「海外の転職回数はどれくらい?」
「アメリカの転職回数は多いって本当?」
「海外の勤続年数は長いの?」

日本では転職時の転職回数をとかく気にするものです。では、海外の転職回数事情はどうなっているのでしょうか?

海外の転職回数はどれくらい?

海外の国旗

海外の転職回数に関するデータとして信頼性が高いのは、「国際労働比較の勤続年数データ」です。2014年のデータとなります。

基準としては、日本の勤続年数は12.1年で、日本人の平均転職回数は「約3回」として考えてください。

総合 男性 女性
日本 12.1年 13.5年 9.3年
アメリカ 4.6年 4.7年 4.5年
イギリス 8.8年 9.3年 8.2年
ドイツ 11.0年 11.6年 10.3年
フランス 11.4年 11.5年 11.3年
イタリア 12.9年 13.7年 11.8年
オランダ 10.3年 11.2年 9.3年
ベルギー 11.4年 11.7年 11.0年
デンマーク 8.1年 8.6年 7.6年
スウェーデン 9.5年 9.5年 9.4年
フィンランド 10.1年 10.4年 9.8年
ノルウェー 9.4年 9.7年 9.0年
オーストリア 10.2年 11.0年 9.3年
韓国 5.6年 6.7年 4.3年

アメリカの転職回数は多い

アメリカ

転職大国と呼ばれるアメリカの転職回数は平均勤続年数「4.6年」というデータから見ても転職回数が多いことがわかります。簡単に計算すると約9回転職します。日本の3倍程度の数字となります。

日本では考えられませんが、アメリカでは転職回数が多いことがプラスの評価につながります。キャリアさえあるなら、転職回数が多くても問題なく採用されます。

海外の転職回数はそこまで多くない

韓国の勤続年数はアメリカの次に短いですね。

しかし、ヨーロッパの国々は、日本と比べても、そこまで勤続年数が短いわけではありません。ただ、そうであっても日本の勤続年数はかなり長いですね。

海外と比べても、日本は転職回数は少ない国です。そのため、1回の転職の重みが違います。しっかりとキャリアプランを考えた上で、転職活動を考える必要があります。

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ