MENU

リクルートエージェントは平日の夜遅くや土日・祝日でも面談できる理由

2018年09月16日更新

仕事があるので平日の夜遅くや土日や祝日しか面談に行けないという人は多いですが、リクルートエージェントでは平日の夜遅くや土日・祝日でも面談することができます。

リクルートエージェントは平日の夜遅くや土日・祝日でも面談できる理由をご紹介します。

リクルートエージェントは平日の夜遅くでも面談可能

リクルートエージェント平日の夜遅くでも面談可能なところです。営業職以外の人は平日の日中に面談を受けることが難しいので、仕事帰りでも面談しやすいようにしているのです。終電近くまで面談対応してくれるキャリアアドバイザーも多いです。

リクルートエージェントは土日・祝日も面談可能

リクルートエージェントは土日・祝日も面談可能な転職エージェントです。平日は終電まで帰れずに面談ができない人のために土日や祝日でも面談を行っているのです。

土日は面談不可、土曜日のみ対応という転職エージェントが多い中で、土日・祝日まで面談できるのはリクルートエージェントならではの強みです。実際にリクルートエージェントのホームページで以下のように明記しています。

質問「平日は仕事で忙しく面談の時間がとれないのですが」
回答「土日、平日の夜など、お客さまのご都合がつく時に面談を調節させていただいております。曜日・時間などは問わず、ご希望日をお申し付けください。」

自社の都合だけでなくお客様の都合を最優先に考える姿勢は、さすがリクルートだなと思います。

平日の夜遅くや土日祝日でも面談できる理由

ここで疑問に思うのはリクルートエージェントが平日の夜遅くや土日祝日でも面談ができる仕組みですよね。キャリアアドバイザーに休みを与えないようなブラック体質なのかと不安に感じる人もいます。

まず、平日の夜遅くでも面談ができる理由は、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーはフレックスタイム制だからです。

平日の夜遅くに面談が多いときは午後出社をすることで勤務時間を調整しています。各部署や個人の業務状況に合わせたフレキシブルな勤務時間となっています。また、深夜手当もしっかり出るので残業してもしっかりと給料をもらえます。

次に、土日・祝日でも面談ができる理由は、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーはシフト制だからです。

土日のどちらかは基本的に出社するように募集要項にも記載されています。その分平日に休日を取ることができるので、土日に出社しても問題ないのです。

キャリアアドバイザーが24時間365日働いているわけではなく、シフト制やフレックスタイム制を上手に活用した体制なので、平日の夜遅くや土日祝日でも面談ができるのです。

面談時間の口コミ

平日は終電まで働かせるブラックだったので土日出社のないときしか時間がありませんでした。転職エージェントと利用したくても面談ができないので転職を諦めていましたが、リクルートエージェントは日曜日でも面談をすることができました。残業の少ない会社を勧めてもらい、やっとブラック企業から抜け出せました。(27歳男性・IT業界・営業職)

平日しか動ける時間がなかったのですが、平日の夜遅くでも快く面談をしてもらいました。仕事帰りでも利用しやすいのは助かりました。(25歳女性・金融業界・営業職)

まとめ

リクルートエージェントは平日の夜遅くでも土日祝日でも面談を行ってくれます。面談日程の調整のしやすさは転職エージェントでトップクラスです。

平日は仕事が忙しくて転職エージェントとの面談に行けないと悩んでいる人は、面談日程が調整しやすいリクルートエージェントの利用を検討しましょう。

土日や祝日でも面談可能?土日でも利用できる主な転職エージェント」も参考にしてください。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ