MENU

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

2018年09月06日更新

転職活動をするときはネットで転職サービスを探すことが多いですが、転職エージェントと転職サイトの違いについてよくわからないという人が多いです。転職エージェントと転職サイトの違いとは何でしょうか?

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、厚生労働省より許可を受けた「有料職業紹介事業」を行っている人材紹介会社のことです。

キャリアや希望条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、転職が成功できるように転職サポートや各種手続きの代行なども行っています。

無料で転職のプロである担当者から転職サポートを受けることができる転職サービスだと考えてください。

転職サイトとは?

転職サイトとはインターネット上で求人情報を探し、応募ができる転職サービスのことです。自分で手続をしなければいけませんが、インターネット上で気軽に無料で利用できる転職サービスと考えてください。

*転職エージェントのサイトがインターネット上にあるので転職サイトとの違いがわかりづらいですが、応募者の登録だけをインターネット上で行っています。サイトからは求人応募ができないので厳密には転職サイトではありません。

転職エージェントと転職サイトの違い

担当者

転職エージェントでは転職希望者に、キャリアアドバイザーや転職コンサルタントなどの専任の担当者がつくことが一般的となっています。転職のプロである専任の担当者と一緒に転職活動を行うことができます。

一方、転職サイトでは担当者はつきません。全て自分で手続をすることが必要です。転職サポートをしてくれる専任の担当者がつくかどうかが転職エージェントと転職サイトの一番の違いと言えます。

転職サポート

転職エージェントでは専任のコンサルタントから履歴書・職務経歴書の添削や模擬面接などの転職サポートを受けることができます。プロの目線からアドバイスをもらえるので転職成功率も高くなります。

一方、転職サイトでは担当者がつかないので転職サポートを受けることはできません。サイト上にあるハウツー情報が全てとなります。

各種手続きの代行

転職エージェントでは担当者が面接日程の調整、年収交渉、勤務開始日など様々な手続きも代行してもらえます、

一方、転職サイトでは担当者がつかないので全て自分で対応しなければいけません。

非公開求人

転職エージェントにはネット上には公開されていない非公開求人があります。転職サイトに掲載すると応募が殺到するような人気企業や極秘プロジェクトで公開できない大企業の求人が多いです。

基本的に転職エージェントに登録しなければ、非公開求人は紹介してもらえません。優良企業に転職したいなら、転職エージェントに登録するのがおすすめとなります。

*「非公開求人とは?企業や転職エージェントが非公開求人にする理由」も参考にしてください。

求人の質

求人内容の質については転職エージェントのほうが高くなります。企業審査も厳しいので厳選された求人が多くなります。また、非公開求人の質は非常に高いです。

求人数

転職エージェントは転職サイトよりも手数料が高く、応募者の適性や希望に合った求人しか紹介してもらえないので求人数は少なくなります。

転職サイトは転職エージェントよりも安く求人募集ができるので、求人数は転職エージェントよりも多くなります。

不合格の理由を教えてくれる

転職サイトで不合格となったときに、採用担当者は不合格の理由を教えてはくれません。しかし、転職エージェントを利用すると企業からどんな理由で不合格となったのかを教えてくれます。

不合格の理由を知ることで今後の書類選考や面接に活かすことができます。その結果、転職成功率が高くなるのです。

転職活動で不採用の理由を教えてもらえないのに転職エージェントだけが不合格の理由を教えるわけ」も参考にしてください。

気軽さ

転職サイトはネット回線があればどこでも利用できます。即日応募をすることもできるので気軽に使うことができます。

一方、転職エージェントは最初にキャリアカウンセリングを受けることが必要です。現在のキャリアや希望条件をヒアリングしてからでないと、求人を紹介してもらえません。

また、担当者とやり取りをしながら求人応募や面接を行うことが必要なので、転職サイトのように気軽に利用することはできません。

利用期間

転職サイトは自分のペースで進めることができるので、利用期間に制限はありません。

しかし、転職エージェントでは短期間で転職を決めなければいけません。転職エージェントでは転職を決めないと手数料をもらえないので、長期間の転職サポートが難しいのです。

大体3ヶ月しか転職エージェントからのサポートは受けられないと考えておきましょう。

合格率

一般的に転職エージェントのほうが転職サイトよりも合格率は高くなります。

転職エージェントでは、応募者に合った求人を紹介し、企業別での履歴書・職務経歴書添削や面接対策などのサポートを受けることができるからです。

また、応募先の企業がどんな人材を求めているのかなどの裏情報も知ることができます。そのため、転職サイトに比べて合格率は高くなりやすいです。

一方、転職サイトでは人気企業や大手企業への応募が集中するので合格率は低くなりやすいです。

年収アップ

転職エージェントのほうが年収アップしやすくなります。年収アップすることで転職エージェントが企業から受け取る手数料も高くなるので、担当者が真剣に年収交渉をしてくれます。

一方、転職サイトでは自分で年収交渉をしなければいけないので、交渉下手な日本人は年収アップさせることが難しい状況となっています。

*「給与交渉を代行してくれる?転職エージェントを利用して年収交渉を成功させる方法」も参考にしてください。

まとめ

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは「専任の担当者がつく」「転職サポートが受けられる」「各種代行を手続きしてくれる」ことにあります。

自分だけで転職を成功させる自信があるのであれば転職サイトを中心にすればよいでしょう。しかし、自分だけでは転職できる自信がない・全部自分で対応するのは難しいと考えるのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いをよく理解した上で、自分に合った転職サービスを選びましょう。以下のページも参考にしてください。

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ