MENU

転職エージェントのキャリアコンサルタント、アドバイザー、カウンセラーなどの違いは何?

2017年01月06日更新

転職エージェントに登録する専任の担当者がつくことがほとんどです。その際に「キャリアアドバイザー」「キャリアコンサルタント」「キャリアカウンセラー」など様々な「キャリア◯◯」という名称があります。これらの名称に違いはあるのでしょうか?

キャリア◯◯

キャリアコンサルタントとは?

キャリアコンサルタントとは、就職希望者に対して相談や支援を行う職種のことです。

キャリアコンサルタントは国家資格

キャリアコンサルタントと名乗るには、キャリアコンサルタント試験に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することが必要です。キャリアコンサルタントは5年ごとに更新を行い、最新の知識・技能を身につける必要があります。

キャリアコンサルタントになるには?

キャリアコンサルタント試験は、次のいずれかの要件を満たさない限り受験することができません。

資格がなければキャリアコンサルタントは名乗れない

キャリアコンサルタントでない人は「キャリアコンサルタント」や紛らわしい名称を名乗ることもできません。紛らわしい名称としては、「キャリア・コンサルタント」、「キャリアコンサルタント○○(キャリアコンサルタント専門士)」、「○○キャリコン(標準キャリコン)」、「キャリアコンサル」などが挙げられています。 これに違反した者は、30 万円以下の罰金に処せられます。

それ以外のキャリア◯◯にご注意

ただし、キャリアコンサルタントでなければいいので、「キャリアアドバイザー」「キャリアカウンセラー」「キャリアファシリテーター」「キャリアコーディネーター」「キャリアデザイナー」など様々な名称があるので注意しましょう。民間資格のケースもありますが、国家資格は「キャリアコンサルタント」だけです。これらの名称の場合も、基本的にはキャリアコンサルタントと意味は同じであることがほとんどです。

キャリアコンサルタントと名乗っているのであれば、その人はきちんとした国家資格を持っています。大手転職エージェントはこれらの違いを厳密に区別し、キャリアコンサルタントの有資格者ではない限り「キャリアコンサルタント」と名乗ることはありません。

「キャリア◯◯」の違いに悩んだときに参考にしてくださいね。

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ