MENU

転職エージェントの非公開求人とは?非公開求人が多い理由

2016年12月21日更新

転職エージェントのサイトや広告などを見ていると、非公開求人の文字が目に付きますよね。この非公開求人とは何なのでしょうか。なぜ非公開求人が多いのでしょうか?今回は転職エージェントの非公開求人についてご紹介します。

転職エージェントの非公開求人について教えてくれる彼女にしたいフリー画像の女

非公開求人とは

非公開求人とは、企業が求人情報を公にせず、転職エージェントが独自で保有している求人情報のことです。大体世の中に出回っている求人情報の80%が非公開求人と言われています。

非公開求人がある理由

非公開求人がある理由としては、

  1. 企業が応募を殺到するのを防ぐため
  2. 新規事業など、他社に知られたくない職種の採用
  3. 役員クラスなどのポジションでの採用

が挙げられます。

1. 応募が殺到するのを防ぐため

知名度の高い企業が求人を募集した場合、大抵の場合応募が殺到します。求職者も知名度が高く、条件の良い求人から応募します。

仮に募集人数が3名の求人に対して、1000名の応募が来たとした場合を考えてみましょう。

企業の人事担当は1000名の応募者に対し、履歴書、職務経歴書の確認面接のセッティングメールでのやりとり…などこれら全てを行う必要があり、とてもではないですが、さばき切れる仕事量ではなくなってしまいます。

非公開求人で転職エージェントに依頼をかければ、企業の希望をもとに転職エージェント側で紹介する候補者を事前に選定した上で紹介されます。

2. 新規事業など、他社に知られたくない職種の採用

新規事業などの立ち上げスタッフを採用する場合、情報を公開してしまうと、求人情報からライバル会社に新規事業の立ち上げの情報が漏れてしまう可能性が高くなります。そのため、極秘で立ち上げなければならないプロジェクトの求人の場合非公開求人になる事が大半です。

また、このような極秘案件の場合、求人企業名が求職者に教えられるタイミングが書類審査に通過し、面接日程を確定させた後という事もよくあります。

3. 役員クラスなどのポジションでの採用

役員クラスのポジションの場合社外だけではなく、社内にも極秘にされる事が大半です。既存ポジションでの募集の場合、そのポジションの役員の募集を行うことイコール現在いる役員の退職を示します。

役員の退職が事前に社内外にわかってしまうと、取引先や自社社員に不安を与えてしまう可能性もあります。そのため、役員クラスの募集は非公開求人で行われる事が一般的です。

非公開求人に応募するには

非公開求人に応募するためには、登録した転職エージェントから求人を紹介してもらう必要があります。転職エージェントによって、保有している非公開求人は異なるため、転職活動時には出来るだけ複数の転職エージェントに応募しておいた方がよいでしょう。

転職サイトの非公開求人との違い

「転職サイトの非公開求人とは」にあるように転職サイトでの非公開求人は、企業から直接オファーがくるスカウト機能を指すのに対して、転職エージェントの非公開求人はキャリアコンサルタントが求職者のキャリアや志向をもとにコンシェルジュ的に企業を紹介してくれるという違いがあります。

非公開求人が豊富なおすすめエージェント

具体的に非公開求人の数や質に定評のある転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントサイトTOP画像

おすすめ度
求人数 豊富
求人の質 高い
非公開求人 豊富
転職サポート力 高い
年代 20~60代
女性向け
対応エリア 全国
未経験
管理職・ハイクラス
合格率 普通
年収アップ 上がりやすい
強い職種・業種 全体的に強い
利用料金 無料

12万件以上の非公開求人を保有しているリクルートエージェントに登録することをおすすめします。グローバル企業やハイスペック向けの非公開求人が増えています。

DODAエージェント

幅広い非公開求人案件を探しているかたは、DODAの転職エージェントサービスにも登録するのがおすすめです。非公開求人数は約90,000件と多く、対応エリアや職種も幅広いです。

転職サイトはDODA

関連記事

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事