MENU

転職エージェントは使えない?転職エージェントのメリット・デメリット

2017年01月26日更新

転職エージェントは本当に「使える」か「使えない」のか気になりますよね。今回は転職エージェントのメリットとデメリットを紹介したうえで転職エージェントが使えるのかどうかをご紹介します。

転職エージェントのメリットって何と悩む女

転職エージェントのメリット

転職エージェントを使う利点は何でしょうか?主に以下のようなメリットがあります。

1. 無料で転職支援サービスを受けられる

転職エージェントは無料で転職支援サービスを受けることができます。お金がかからないので気軽に利用することができます。

2. キャリア相談できる

転職エージェントに登録すると、まず最初に面談を行います。この際に、キャリア相談をすることができます。転職のプロから見て、現状のキャリアはどうかなど知ることができ、転職活動に役立ちます。

転職が難しい場合も教えてくれるので、今が転職活動のタイミングなのかどうかも把握しやすいです。ちなみに筆者はリーマンショックのときに転職活動をしたので「今はかなり難しい」と何社も言われました。

3. 非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントに登録すると、サイト上では紹介されていない非公開求人を紹介してもらえます。

4. 履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる

書類選考前に履歴書・職務経歴書などの選考書類を添削してもらえます。企業が求める人材もわかっているため、的確な添削をしてもらえます。履歴書添削してもらいたいときにも使えます。

5. 面接対策をしてもらえる

面接は第三者によるチェックがなければ、改善しにくいものです。転職エージェントに登録すれば、面接前に面接シミュレーションや面接対策のポイントを教えてもらえます。面接が苦手な人でも安心です。

6. 選考書類作成の手間が省ける

転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書のデータを基本に企業とやり取りを行います。そのため、基本データがあれば選考書類を作成する手間が省けます。

7. スケジュール調整してくれる

企業と面接日などのスケジュール調整を行なってくれます。気軽です。

8. 年収交渉してくれるので年収を上げやすい

転職サイト経由ですと自分で年収交渉をしなければいけませんが、転職エージェントは年収交渉を代行してくれます。転職エージェントは年収ベースで企業から報酬をもらうため、年収が高いほうが成績も上がります。そのため、あなたの代わりに必死で年収交渉するので、年収もアップしやすくなります。

9. 入社日の調整をしてくれる

内定が決まれば、転職時に大変な入退社日の調整もサポートしてくれます。初めての転職では、どれくらいの期間があればいいのかわからないので便利です。

10. 短期間で転職が決まりやすい

転職エージェントのサポート期間は3ヶ月~半年程度のケースが多いです。そのため、短期間で集中して転職活動を行うこととなり、短期間で転職が決まりやすいです。早く転職したい人には嬉しいですね。

デメリット

転職エージェントにもデメリットはあります。以下の注意点を理解しましょう。

1. 転職誘導されることも

転職エージェントは転職させることが仕事です。そのため、あの手この手で転職させようとしてくるエージェントも多いです。希望条件に合わなくても、転職させようとしている場合もあるので、ノルマが厳しい転職エージェントにはご注意を。

2. ゆっくり転職活動しにくい

メリットで紹介したように、転職エージェントのサポート期間は半年程度であることが多いです。そのため、ゆっくりと転職活動したい人に、転職エージェントは不向きです。

3. 転職合格率は低め

転職エージェントの成功報酬は非常に高額です。そのため、転職サイト経由の転職に比べると、転職合格率は低めとなります。

4. 内定が決まると転職を急かされやすい

転職エージェントは転職を決めることで、企業から成功報酬をもらっています。そのため、内定が決まると転職を急かされやすいです。

5. サポートが受けられないことも

転職エージェントは慈善事業ではありません。そのため、転職できそうな人を転職サポートします。そのため、転職が難しいキャリアの場合は、最初から面談を断られるケースもあります。

6. 会社の紹介を受けられないことも

とりあえず面談をしても、キャリアや希望条件によっては「紹介できる会社がない」とお断りされてしまうケースもあります。筆者も経験しました。

7. 転職エージェントの会社次第

転職エージェントは会社によって、強い業種・職種もあれば、弱い業種・職種もあります。そのため、利用している会社次第という部分もあります。

8. 転職エージェントの担当者次第

転職エージェントの担当者によって、サポート力は様々です。そのため、レベルの低い担当者になってしまった場合、転職できないケースや今より条件が悪い企業へ転職させられてしまうケースもあります。ただし、担当者は変更できるのでご安心を。

9. 紹介される会社数は意外と少ない

転職エージェントは求職者(転職希望者)のキャリアを判断して、紹介する会社を変えています。また、転職エージェント内でも書類選考が存在します。そのため、紹介される会社数は意外と少ないことが多いです。ただし、キャリア次第で紹介数は変わってきます。

転職エージェントにはメリットもあればデメリットもあります。ただし、基本的には転職エージェントは使えるケースが多いです。転職に悩んだら転職エージェントを利用してみるという選択肢を持つのがおすすめです。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめページ

登録カテゴリ