MENU

転職エージェントにはノルマや目標ってあるの?どんな基準?

2016年12月21日更新

求職者は無料で使える転職エージェントですが、営利企業なので、キャリアコンサルタントにもノルマがあったりします。コンサルタントに課せられるノルマ・目標は大きく分けて2種類あります。

該当期間中に何人の求職者を転職させたかという、人数ベースのノルマ。もう一つは成功報酬の手数料ベースのノルマです。転職エージェントによってどちらかの方式を採用しています。今回はその違いについて説明します。

転職エージェントのノルマ達成した男

人数ベースのノルマ

求職者の年収にコンサルタントが左右されないので、年収の高い安いに関わらず(年収額が高いほど成功報酬も高い)、公平、かつ求職者の希望を受け止めた提案をするエージェントが多い傾向があります。一方で、成績に手数料がカウントされないため、年収交渉をあまり積極的に行わないコンサルタントも存在するのがデメリットです。

手数料ベースのノルマ

成功報酬の金額の大きさ自分の成績に反映されるため、同時に複数の候補者を担当した際に、年収の高い候補者を優先するコンサルタントが多い傾向があります。

また、求職者とって、年収は変わらない(または下がる)が、キャリア的にも志向的にもマッチしている会社と、年収は高いが、候補者の志向とマッチしていない会社があった場合、年収が高い会社を勧めてくるコンサルタントが多いのも特徴です。

担当するコンサルタントによるのですが、会社全体で考えた場合、コンサルタントのノルマは人数ベースの方が、良いサービスを受けられる確率が高いと筆者は考えています。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事