MENU

転職エージェントを利用して転職成功率を上げる方法がある?転職が成功する人に共通するポイント

2017年10月07日更新

転職エージェントを利用して、転職に成功する人に共通する特徴は何かあるのでしょうか。今回は転職の成功率を上げるために、転職エージェントを利用して転職に成功する人に共通するポイントをご紹介します。

転職エージェント使って転職成功させたいガール

転職エージェントを利用して転職に成功する人の特徴

転職エージェントを利用して、転職が成功する人に共通するポイントには、

といった特徴があります。

1. 転職動機や企業に求める条件を明確に伝えている

転職動機や企業への希望条件を明確に転職エージェントに伝えていることは転職成功への重要なポイントです。少なくとも、

を明確に転職エージェントに伝えておけば、転職エージェントが的外れな求人を紹介してくる可能性が低くなります。不必要な情報をいちいち調べる時間が短縮されるため、集中して応募先企業を調べることができます。

2. 企業の採用背景をエージェントに確認している

大抵の企業は採用背景を「事業拡大」と言うケースが多いです。しかし、実際の所はただの欠員補充や、人手不足によるものも多く、転職してもキャリアアップに繋がらないこともあります。転職に成功する人は、転職エージェントに詳しい企業の採用背景を聞くことで、入社後のイメージのギャップを埋める努力をしています。

3. 応募先企業の自分で情報を徹底的に調べている

転職に成功する人は、転職エージェントから得た情報だけではなく、自分自身で応募先企業の情報を徹底的に調べています。情報収集の方法は、

といったやりかたで行っています。また、応募先企業の、

といった情報を調べ、様々な情報を客観的に分析した上で転職先企業を決めています。

4. 複数内定を得た場合は、自分の意思で入社企業を決めている

転職エージェントは年収の約30%という成功報酬を企業からもらうため、複数企業から内定を得た場合は、一番年収が高い企業を勧めてくる傾向がありますが、転職に成功している人は転職エージェントの言うことを鵜呑みにしません。年収だけでなく、社風や今後のキャリアなども考えた上で、入社先の企業を決める最終判断を自分自身で行っています。

5. 転職活動を在職中に行っている

転職活動を離職してから行うと、早く転職をしなければならないとの思いが強くなり、転職エージェントから内定受諾を迫られた際に断りにくくなる傾向があります。転職に成功する人は、転職活動を在職中に行うケースが多く、判断を焦る人が少ない傾向があります。

6. 焦って内定を承諾しない

企業から内定が出た際に、転職エージェントが内定を承諾するように説得してくることがありますが、転職に成功している人は、自分自身で入社先を判断するため焦って内定を承諾することが少ない傾向があります。

7. 担当キャリアアドバイザーが優秀

転職エージェントを利用して、転職活動を成功させるには、担当のキャリアアドバイザーの力量も重要です。優秀なキャリアアドバイザーが担当だった場合は、求人案件もあなたの希望に合ったものを出してくれ、客観的な業界動向や企業情報も詳しく教えてくれます。

また、優秀な人ほどノルマに追われていないため、内定時に無理な説得もしてきません。あなたの担当が、「役に立たないコンサルタントの特徴とは?」に当てはまるか確認して、優秀かどうか確認してみましょう。

8. 複数の転職エージェントに登録している

転職に成功している人は複数の転職エージェントに登録している傾向があります。理由としては、

などがあります。

転職エージェント経由での転職成功率を上げる方法とは

転職エージェント経由での転職成功率を上げるための方法は

転職エージェントに頼り切りになるのではなく、自分から主体的に活動をしている人が転職に成功している傾向があります。また、転職エージェントの担当アドバイザーが優秀なほど転職の成功率は高くなります。

しかし、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかは、運の面も強いため、複数の転職エージェントに登録して相性の良い担当アドバイザーを探すのがおすすめです。

おすすめページ