MENU

転職エージェントから案件がない、紹介できないと言われた場合はどうすればいい?

2016年12月16日更新

「転職エージェントに企業を紹介できないと言われた」
「案件がないって言われたけど理由は?」
「転職エージェントとの面談後に放置された」

転職エージェントへの登録が済み、面談をしたのに転職エージェントから案件が紹介されず、放置されたことはないでしょうか。通常、転職エージェントは、求人を紹介できると判断した転職希望者のみ面談をします。

それなのに案件が紹介されず放置されてしまう理由は何なのでしょうか。今回は転職エージェントから案件が紹介できないと言われる理由と対処法についてご紹介します。

案件ないよと無慈悲な転職エージェント

転職エージェントから案件が紹介されない理由

転職エージェントとの面談後に、案件が紹介されなくなる理由は以下のようなものがあります。

紹介してくれない場合の対応方法

転職エージェントから案件が紹介されないと思った場合は、次の事を試してみましょう。

  1. 転職熱意をアピールする
  2. 希望条件を低くする
  3. 担当アドバイザーを変えてもらう
  4. 転職エージェントを変える

1. 転職熱意をアピールする

あなたの転職熱意があまり感じられないと判断されている場合、転職エージェントが案件を紹介してくれません。あなたから転職エージェントに転職への熱意を伝えれば、判断が変わり、求人を紹介してくれる可能性があります。

2. 希望条件を低くする

転職先に対する希望条件の理想が高すぎ、希望にマッチした案件がない場合は求人が紹介されません。希望条件を低くすれば、案件が紹介される可能性が高くなります。

3. 担当アドバイザーを変えてもらう

条件を緩めても担当アドバイザーが案件を紹介してくれない場合は、担当アドバイザーを変更することも検討しましょう。

4. 転職エージェントを変える

上記の1~3のアクションを試してみても転職エージェントが案件を紹介してくれない場合は、あなたに合った求人が存在しない可能性が高いので、別の転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントが変われば求人も変わるため、あなたに合った求人を紹介してくれる可能性があります。

転職エージェントとの面談後に放置されたり、案件を紹介できないと言われたりした場合、あなたが転職活動にやる気がないと思われているか、紹介する案件がないと思われている可能性があります。

転職エージェントは基本的に、転職に成功しそうな人に案件を重点的に紹介します。反面、転職ができなさそうな人への紹介は後回しになる傾向があります。もし、面談後に案件が紹介されない場合は、あなたへの対応が後回しになっている可能性が高いです。

おすすめページ