MENU

転職エージェントの書類選考の通過率はどのくらい?書類通過率の目安とは

2016年12月16日更新

「転職エージェントの書類選考の通過率を知りたい」
「書類通過率の目安が知りたい」
「転職エージェントからの書類通過率は高い?」

転職エージェント経由での書類選考の通過率はどのくらいなのでしょうか。平均的な書類通過率がわかると、企業へどのくらいの数の応募書類を送るか、目安にもなります。今回は、転職エージェントを使っての書類選考の通過率についてご紹介します。

転職エージェント

転職エージェント経由での書類選考の通過率の目安

転職エージェントを経由した場合の書類選考の通過率は、だいたい15~30%であることが多いです。ただ、書類選考のプロセスや、転職エージェントによっても書類の通過率は変わります。

書類通過率が変わるポイント

転職エージェント経由での書類選考は

によって通過率が変わります。

1. 社内選考の有無で書類通過率が変わる

応募した企業の求人に他の転職希望者からの応募が殺到した場合、転職エージェントは、書類を企業に送る前に、社内選考を実施して企業に紹介する人数を絞ります。

例えば、採用人数が1名の求人に対して、100名が応募してきた場合、転職エージェントは30名程度まで紹介人数を絞りこんだ上で企業に紹介します。仮に、企業に紹介してからの通過率が30%だったとしても、

「転職エージェントへの応募数(100人)→社内選考→(20人)→面接(10人)」

と、転職エージェント内での社内選考が入ることで、通過率は10%になります。なお、社内選考の通過率は、求人数に対しての応募人数によって変化します。

2. 転職エージェントの規模でも目安が変わる

また、転職エージェントの規模にもよって、書類通過率の目安が変わります。

2-1. 大手転職エージェントは書類通過率が低め

大手の転職エージェントは登録している転職希望者が多いです。そのため、優良求人案件に応募者が殺到することが多くなります。応募者が殺到した場合、転職エージェントは社内選考を行って、紹介する人数を絞るため、書類選考の通過率が低くなります。

2-2. 業界専門エージェントの通過率は高め

業界専門エージェントは、登録している転職希望者が大手と比べ少ない分、確実に書類選考に通過しそうな求人を紹介してくれる傾向があります。ある程度のスキルがある方であれば、書類通過率が70%を超えるということもあります。ただ、紹介される求人の数は大手に比べると少なくなります。

転職エージェントを併用して書類通過数を上げよう

転職エージェントを通した書類選考の通過率は、社内選考の有無と転職エージェントの規模で大きく変化します。大手転職エージェントは求人数が多く、書類通過率は低めなのに対して、専門エージェントは求人数が少なくても書類通過率は高めです。大手と専門エージェントを同時に利用することで、書類通過数を上げていきましょう。

応募先の企業規模でも通過率が変わる

その他、転職活動全般で言えることとして、大手企業であれば書類通過率は約10%と低くなり、ベンチャー企業の書類通過率は約50%と高いように、企業の規模でも書類選考の通過率は変わります。

転職エージェント経由での書類通過率は、社内選考の有無や転職エージェントの規模によって変わってきます。

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ