MENU

有料の転職エージェントは本当にないの?あったら教えて!

2017年01月12日更新

「有料の転職エージェントは本当にないの?」
転職エージェントは有料職業紹介だから有料じゃないの?」

「転職エージェントは無料」とよく聞きますが、有料の転職エージェントは存在しないのか気になりますよね。実際のところ、有料の転職エージェントは存在しないのでしょうか?

金塊

有料職業紹介の有料の意味

転職エージェントは、「有料職業紹介事業会社」とも呼ばれます。ここに「有料」という文字があることから、利用するのにはお金がかかると疑ってしまう人もいます。

実は、有料職業紹介事業は求職者(転職希望者)から手数料を徴収してはいけないことが職業安定法で定められています。

「有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。(職業安定法第三十二条の三(2))」

そのため「有料」というのは、求職者(転職希望者)ではなく、求人者(企業)に対しての意味となります。

例外あり

ただし、例外があります。「有料職業紹介事業の手数料」にある「1. 受付手数料」と「4. 求職者手数料」の場合、お金がかかる場合があります。

「1. 受付手数料」の場合は、芸能家、家政婦(夫)、配ぜん人、調理士、モデル又はマネキンの職業に係る求職者から求職の申し込みを受理した場合に690円(免税事業者は660円)を限度としてかかります。

「4. 求職者手数料」の場合、年収700万円以上の「経営管理者」、「科学技術者」及び「熟練技能者」の職業に係る求職者の場合、お金がかかる場合があります。

なお、ビズリーチがよく有料の転職エージェントと言われていますが、ビズリーチ自体は転職サイトですし、有料の仕組みは有料職業紹介ではないので、該当しません。

実際に有料の転職エージェントは皆無

上記のような例外もありますが、実際のところ有料の転職エージェントは皆無です。

有料ではない理由

求職者(転職希望者)が無料で使える転職エージェントが大半なのに、有料にしては求職者が集まらず、そもそも商売にならないからです。

なぜなら、転職エージェントの多くは成功報酬のビジネスモデルを採用しており、転職を成功させることで報酬を初めてもらうことができます。そのため、求職者をたくさん集める必要があります。それなのに、有料にしたら大切な求職者が集まらなくなってしまうのです。

有料の転職エージェントも存在はしますが、ほとんどの転職エージェントは無料で利用することができます。それでもお金がかかるかもと不安な人は、求職者は完全無料で使えるエージェントのみを紹介している「おすすめの転職エージェントランキング」を参考にしてください。

関連記事

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事