MENU

転職エージェントから内定が出た!内定後の注意点

2018年09月06日更新

転職エージェント経由で応募した企業から内定が出るとうれしいですよね。しかし、転職エージェントからの内定後に注意しておきたいポイントがあります。内定後の注意点をご紹介します。

内定は採用確定なのか

「○○社から内定をもらいました」と転職エージェントから連絡があったときに考えてほしいのが、内定は採用が確定している内定かどうかです。

企業の採用担当者が内定の意味を勘違いしているケースもあるからです。内定を出すのに稟議申請などが必要な会社は、内定を出そうとしている人に入社の意志があることを確認してから稟議申請を行うこともあります。

稟議申請をするまでに「採用方針が変わったのでこの人は採用できない」となってしまうリスクもゼロではないのです。

もしもこの段階であなたが今の会社に退職届を出していたら、内定が決まっていないまま退職になってしまう可能性もあるのです。

そのため、内定は採用確定なのかをきちんと転職エージェントに確かめることが必要です。また、内定が出たという証拠にするために文書やメールで内定連絡をしてもらいましょう。

労働条件は希望条件を満たしているか

内定をもらったときに注意したいのが採用時の労働条件です。雇用形態、年収、休日、福利厚生、仕事内容、勤務地などが希望条件を満たしているか確認してください。採用通知書、内定承諾書、雇用契約書などで労働条件を必ず確認してください。

転職エージェントが企業との交渉をうまく調整できずに、募集要項に書かれている条件を満たしていない場合があるからです。

内定が出たことがうれしくて採用条件を確認しない日本人は意外と多いです。あとで採用条件を変更することはできないので、内定承諾をする前にしっかりと労働条件をチェックしてください。

条件交渉をするべきか

採用条件を確認すると「年収は600万円以上でないと転職はできない」という譲れない条件があるかと思います。

この場合は、「年収条件が上がらないなら転職はしない」と転職エージェントに伝え、再度企業と条件交渉をしてもらうように交渉しましょう。

どうしても譲れない条件が出ないまま転職をしても後悔することが多いです。内定後は条件交渉をしやすいタイミングでもあるので、条件交渉を再度するべきかしっかりと考えてください。

給与交渉を代行してくれる?転職エージェントを利用して年収交渉を成功させる方法」も参考にしてください。

本当に入社するべきか

最後に内定をもらった会社に本当に入社するべきかを考えてください。すぐに入社したいと思えないのであれば、転職後に後悔する可能性があります。

特に第一志望の会社の選考を残した状態などは後悔する可能性が高いです。転職エージェントも内定が出ると転職させようと必死で説得してくるものです。

自分の気持ちを一番大切にして、本当に入社するべきかを判断してください。場合によっては転職せずに今の会社に残るという選択肢も持つようにしましょう。

ゴリ押しされてうざい!強引でしつこい転職エージェントの対処法」も参考にしてください。

安易に内定承諾をしない

内定が出たら安易に内定承諾をしないでください。内定承諾をしてしまうと内定辞退をすることは難しくなってしまいます。企業や転職エージェントともトラブルになってしまいます。入社意思が固まるまでは内定承諾をするべきか考える時間をもらうことが重要です。

転職エージェント経由で内定が出ても辞退できる?上手に内定辞退をするコツ」も参考にしてください。

雇用契約を結ぶまで退職意志を今の会社に伝えない

転職が確定する雇用契約を結ぶまで退職意志を今の会社に伝えないようにしてください。条件交渉などを進めるうちに内定取消になるリスクもあるからです。100%転職することが確定する雇用契約を結んでから、退職意志を現在の会社に伝えてください。

まとめ

転職エージェント経由で内定が出たときは、内定が本当に採用確定なのか、労働条件は希望条件を満たしているか、本当に入社するべきかなどを真剣に考えることが必要です。

それ以外にも内定後には考えるべきことがたくさんあります。内定が出た会社に転職するべきか一度真剣に考える時間を持つようにしてください。後悔をしない転職をしましょう。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ