MENU

給与交渉を代行してくれる?転職エージェントを利用して年収交渉を成功させる方法

2018年09月06日更新

転職エージェントを利用するときに年収アップさせたいと考える人がほとんどかと思います。実は転職エージェントを利用すると給与交渉を代行してくれます。そこで転職エージェントを上手に利用して年収交渉を成功させる方法をご紹介します。

転職エージェントが給与交渉を代行する理由

知らない人が意外と多いのですが、転職エージェントはあなたの代わりに給与交渉を代行してくれます。

日本人は交渉が苦手なことが多いため、プロである転職エージェントが給与交渉を代行することで年収アップを成功させるように本気でサポートをしてくれます。

「転職エージェントが給与交渉を代行するメリットがわからない」と不安になる人も多いですが、給与交渉を代行するメリットが転職エージェントには存在します。

転職エージェントはあなたの採用が決まると企業から「成功報酬」として紹介手数料を受け取ることができます。年収の30%が紹介手数料の相場となっています。

採用時の年収を高くするほど紹介手数料も高くなります。そのため、あなたの代わりに真剣に給与交渉を代行してくれるのです。

年収交渉が苦手なら転職エージェントに依頼しよう

トップセールスの営業マンで交渉が得意という人であれば、転職エージェントに年収交渉を代行してもらう必要はありません。自分で年収交渉をすればよいのです。

しかし、多くの人は年収交渉をするのが苦手です。自分で年収交渉をしても年収アップをさせるのは難しいと思ったら、転職エージェントに年収交渉を依頼しましょう。

転職エージェントは多くの転職希望者の年収交渉を代行しています。また、転職エージェント内にも年収交渉を成功させるハウツーが蓄積されています。

転職エージェントは年収交渉のプロです。そのため、転職エージェントを利用するなら年収交渉は最初からお任せするのがおすすめです。

*自分で年収交渉するのが大変なことを理解するために「転職の給与交渉を成功させるコツ」も参考にしてください。

転職エージェントの年収交渉を成功させる方法

次に、転職エージェントの年収交渉を成功させる方法をご紹介します。

最初の面談で希望年収と最低年収ラインを伝える

転職エージェントとの最初のキャリア面談で希望年収と最低年収ラインを伝えることが重要です。

希望年収を伝えなければ、転職エージェントは「年収よりも仕事内容が重要」と判断し年収アップは後回し条件となってしまいます。また、最低ラインを伝えることで譲れない年収ラインがあることも理解してくれます。

希望年収を叶えることが可能と転職エージェントが判断すれば、年収アップをしやすい求人を積極的に紹介してくれます。企業に応募をするときにも希望年収を伝えてくれるので、企業側も年収条件について理解したうえで選考を行ってくれます。

ただし、希望年収を伝えてもあなたのキャリアの相場に合っていなければ、希望年収を叶えることが難しいと正直に伝えてくれます。

自分の適正な年収相場はわからないことが多いので、素直に希望年収を伝え、どこまでの年収であれば実現可能であるかも知ることもできます。

とにかく一番大事なのは、初回の転職エージェントとの面談で希望年収と年収の最低ラインを伝えることです。

複数の転職エージェントを利用する

希望年収をアップさせたいなら複数の転職エージェントを利用するべきです。転職エージェントとしても自社しか登録していないのなら、他社に流れないと考えて安心してしまうことが多いです。

しかし、他社の転職エージェントを利用していれば、他社に採用されないように本気で転職サポートをするものです。

もちろん、年収交渉も転職エージェントを自社しか利用していない場合よりも真剣に行ってくれます。高年収を提示することで転職につなげたいからです。

また、年収交渉に強い転職エージェントもいれば、年収交渉に弱い転職エージェントもいます。複数の転職エージェントを利用することで、年収アップしやすい転職エージェンを選ぶことができます。

年収をアップさせたいなら、必ず複数の転職エージェントを利用してください。そして、初回面談時に他の転職エージェントを利用していることも伝えましょう。

複数利用が基本?登録数は何社?転職エージェントは掛け持ちするべき理由」も参考にしてください。

面接中に自分で年収交渉をしない

転職エージェントに給与交渉を代行してもらう場合は、面接中に自分で年収交渉をしないでください。お金にうるさい人だという印象を与えてしまうリスクがあるからです。

そのため、面接中に面接官から希望年収に関する質問をされない限りは、年収関連の話を自分からしないように注意しましょう。

ただし、面接中に希望年収について質問されたときは、転職エージェントに伝えている希望年収額を答えてください。

転職エージェントに伝えているよりも高い年収額を答えると伝えると、企業もどちらが正しい希望年収額なのかわからなくなってしまうのでやめてください。

内定後の年収額が不満なら年収交渉を再依頼する

転職エージェントは内定前に年収交渉をするのが基本なので、内定をもらったときは希望年収になるように給与交渉をしています。

しかし、あなたのキャリアや企業の判断によって希望年収よりも低い年収額が提示されることもあります。

こんなときは内定後であっても年収交渉ができないか転職エージェントに再度依頼をしましょう。転職エージェントは内定後の年収交渉は嫌がる傾向にありますが、自分の将来がかかっているので引き下がる必要もありません。

「他社からは希望年収の600万円で内定をもらっています」

と他社の転職エージェントで希望年収を満たした内定をもらっていることを伝えると、他社に流れないように内定後であっても、再度給与交渉を行ってくれることが多いです。

内定後であっても上手に依頼することで、転職エージェントに給与交渉をしてもらうことができます。ただし、内定取り消しになるリスクはあることは理解しておきましょう。

内定辞退という選択肢を持つ

転職エージェントに紹介された企業から内定をもらっても、必ず入社しなければならないという義務はありません。

希望年収を叶えることが転職の第一条件であるなら、希望年収通りの条件で内定が出るまで転職活動を続ければいいのです。

そこで大事なのが「内定辞退」という選択肢を持つことです。転職エージェントにも「希望年収がそこまで重要な条件なのか」と認識させることにもつながります。

妥協して転職すると後悔することが多いです。転職で後悔しないためにも内定辞退という選択肢を必ず持つようにしてください。転職エージェントに言われるがまま転職先を決める必要はありません。

まとめ

転職エージェントは給与交渉を代行してくれます。転職時の年収を高くすることで紹介手数料を高くするというメリットが転職エージェントにもあるからです。

そのため、あなたの代わりに真剣に給与交渉を行ってくれます。年収交渉が苦手だと思う人は、転職エージェントに年収交渉を代行してもらうのがおすすめです。

また、転職エージェントでの年収交渉を成功させるには、初回面談で希望年収について伝えることが重要です。そして複数の転職エージェントを必ず利用していることを伝えましょう。

転職エージェントを上手に利用して、年収アップを成功させましょう!

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ