MENU

転職エージェントにお礼は必要?面談、面接、内定後にお礼をするべきなのか

2018年09月06日更新

転職エージェントを利用するときに担当者にお礼をするべきか悩む人は多いです。転職エージェントの登録後の面談、企業との面接、内定後にお礼をしたほうがよいのでしょうか?

転職エージェントにお礼をしなくても問題ない

転職エージェントはあなたを転職させることで高額の紹介手数料を受け取ることができます。企業からの紹介手数料を受け取ることが一番のお礼になるため、転職エージェントの担当者に対してお礼はしなくても問題はありません。

また、転職エージェントのホームページにもお礼は必要ないと明記されていることがほとんどです。そのため、お礼をしなくても転職サポートで不利になるということはないのです。

お礼をすると好印象になりやすい

ただし、担当者も人間なので感謝をされるとうれしい気持ちになります。そのため、転職エージェントの担当者に対してお礼をすると好印象となりやすいです。

好印象となることで積極的に転職サポートをしてくれるようになることも多いです。人間はお礼を含めた礼儀が大切です。

必要に応じて転職エージェントの担当者に対してお礼をすることは有効となるケースは多いのです。

転職エージェントとの初回面談後はお礼をしよう

転職エージェントの担当者と初回面談をした後にはお礼メールを送ると好印象となりやすいです。

お礼メールをすることでビジネスマナーがあることもアピールできますし、今後の転職サポートを受ける際に親身になってもらいやすくなります。ただし、お礼状はやりすぎなのでお礼メールにするのがおすすめです。

面談後のお礼メールの書き方

以下のようなお礼メールを送るのがおすすめです。堅い文章にならないように注意し、面談後に感じたことを書くようにしましょう。

準備やお礼は?転職エージェントとの面談を成功させるコツ」も参考にしてください。

件名

面談の御礼

本文

○○様(担当者名)

いつも大変お世話になっております。
転職 太郎でございます。

本日はお忙しい中、面談の機会をいただき
誠にありがとうございました。

今後の転職活動に役立つアドバイスや様々な
求人をご紹介いただき重ねて御礼申し上げます。

引き続き転職支援をいただければと
考えております。

引き続き、何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

面接後の企業へのお礼は転職エージェントに相談

転職エージェント経由で応募した企業と面接をした後にお礼の気持ちを伝えたいという人は多いです。

しかし、転職エージェント経由で応募した場合は、転職エージェントが企業と連絡のやり取りを行うこととなっています。

この場合は、お礼の気持ちを伝えたいと転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントとしても応募先の企業への志望度や熱意が高いと考えてくれます。

その結果、お礼の気持ちを企業担当者や採用担当者に伝えてくれますし、採用をするように推薦をしてくれる可能性が高くなります。

また、お礼状を書いても確実に届けてもらえるわけではないので、採用担当者に伝えやすいお礼メールにするのがおすすめです。

面接後のお礼メールの書き方

以下のようにお礼メールを伝えてくれないかと転職エージェントに依頼しましょう。また、企業向けのお礼メールも転職エージェントへのメール内に書いておきましょう。お礼メールを転送しやすくなります。

*お礼メールについては「面接後のお礼は必要?お礼メール・お礼状を書く前に知っておきたいこと」も参考にしてください。

件名

○○会社の○次面接のお礼のお願い

本文

○○様(担当者名)

いつも大変お世話になっております。
転職 太郎でございます。

本日面接を受けた○○会社に○次面接のお礼
をしたいと考えております。

つきましては以下のお礼メールを
採用担当者様にお伝えいただけないでしょうか?

--------------------------------
【件名】
○次面接のお礼

【本文】

○○株式会社
人事部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
転職 太郎でございます。

本日はお忙しい中、○○面接を受けさせて頂き
誠にありがとうございました。

○○様のお話を伺う中で、
貴社の○○サービス姿勢が△△であることや
□□であることを理解できました。

以前より貴社を第一希望としておりましたが、
本日の面接を受け、貴社で働きたいという想いが
ますます強くなりました。

取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたくご連絡致しました。
それでは、面接結果のご連絡をお待ちしております。

転職 太郎
--------------------------------

お忙しい中恐縮ではございますが、
志望度の高い○○会社へお礼の気持ちを
ぜひ伝えたいと考えております。

大変お手数をおかけ致します。
ご確認の程何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

内定後に転職エージェントへのお礼は必要か

内定後(転職先が決まった)に転職エージェントへのお礼は必要ないと明記している転職エージェントも多いです。転職先が決まることが転職エージェントの最大のお礼だからです。

また、内定後は転職の手続きで忙しくなりますし、転職エージェントも仕事が忙しいです。そのため、無理にお礼をする必要はありません。

それでもお礼がしたいという人は、メールか電話でお礼をしましょう。お礼をするために直接訪問をする必要は特にありません。

ただし、どうしても直接訪問をしてお礼がしたい場合、金品などの贈り物をしないでください。どうしても贈り物をしたいのであれば、受け取っても問題ないような菓子折り程度にしてください。

転職先が決まった時のお礼は素直なお礼の気持ちを伝えればOKです。かしこまった内容でなくても感謝していることが伝わるような内容にしましょう。

内定後のお礼メールの書き方

以下にメールの書き方例をご紹介します。お礼メールは人によってそれぞれなので、参考程度に考えてください。

件名

転職サポートの御礼
or
内定の御礼

本文

○○様(担当者名)

いつも大変お世話になっております。
転職 太郎でございます。

これまで様々な転職サポートを行っていただき
誠にありがとうございました。

○○様のおかげで△△会社へ転職を決めることが
できました。

職務経歴書添削や模擬面接など手厚い転職サポートを
行っていただいたおかげで内定をもらうことができました。
重ねて御礼申し上げます。

今後は△△社で活躍できるように努力していきます。
本当にありがとうございました。

また、転職をする機会があった際は○○様に
転職サポートをしていただきたいと考えております。

今後とも、何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

まとめ

転職エージェントへのお礼をしなくても転職サポートが適当になるということはありません。転職エージェントはあなたを転職させることで企業から高額の紹介手数料をもらうことができるからです。

ただし、初回面談、企業との面接では転職エージェントに対してお礼をすることで好印象となりやすいです。今後の転職サポートも手厚くなることがあるので、お礼をするのがおすすめです。

また、内定後はお礼をしなくても問題ありませんが、どうしてもお礼の気持ちを伝えたいのであればお礼メールを送るようにしましょう。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ