MENU

放置されてる?転職エージェントから連絡がこない・連絡が遅くなる理由と対処法

2018年09月12日更新

転職エージェントからの連絡がこないと悩む人は多いです。転職エージェントへの登録後や初回面談後など様々な状況で連絡がこないことは正直あります。

転職エージェントから放置されているのでしょうか?それとも相手にされていないのでしょうか?転職エージェントから連絡がこない理由や連絡が遅くなる理由と対処法をご紹介します。

転職エージェント登録後に連絡がこない・遅い理由

まず、転職エージェント登録後に連絡がこない・遅い理由をみていきましょう。

登録が完了していない

転職エージェントへの登録を完了したつもりでも、実は登録完了できていなかったというケースが多いです。

登録したメールアドレスなどにも登録完了メールが来ていないのであれば登録完了できていないケースがほとんどです。この場合は、再度登録作業を行ってください。

転職エージェントが連絡し忘れている

転職エージェントに登録したら数日以内にはメールや電話で連絡が来ます。どれだけ遅くとも1週間以内には連絡がきます。

1週間以上過ぎているのに連絡が来ていないのは、単純に担当者が連絡し忘れているというケースもあります。この場合は、転職エージェントに「連絡が来ないと」連絡をするしかありません。

紹介できる求人がない

登録情報から「紹介できる求人がない」と判断すると連絡をしないという非常識な転職エージェントもいます。

この場合は、転職エージェントのレベルが低いので、低レベルな転職エージェントを使わなくてよかったと思ってください。別の転職エージェントを探しましょう。

ちゃんとした転職エージェントであれば「紹介できる求人がない」と丁寧にお断りメールが来るのが普通だからです。

転職エージェントに登録を断られる理由とは?「求人を紹介できない」と断られたときの対処法」も参考にしてください。

転職エージェントとの面談後に連絡がこない・遅い理由

次に、転職エージェントとの面談後に連絡がこない・遅い理由をみていきましょう。

紹介できる求人がない

「希望年収や休日など希望条件が多くて紹介できる求人がない」
「求人を紹介できるようなキャリアやスキルがない」

など転職エージェントとの初回面談後に「紹介できる求人がない」と判断されると、それ以降の連絡はこないことがほとんどです

面談中に「紹介できる求人はございません」とはっきり伝える人もいますが、「紹介できる求人はありそうでしたらご連絡します」とやんわり伝えられることも多いです。

この場合は、どうやっても求人は紹介されないので、別の転職エージェントを利用するしかありません。

社会人のマナーがないので企業に紹介できない

転職エージェントとの最初の面談をドタキャンする、連絡なしに遅刻するなど社会人としてのマナーがないと、その後の連絡がないというケースが多いです。

転職エージェントとの面談ですら時間が守れない人を企業に紹介するわけにはいかないからです。企業との面接もドタキャンや遅刻してしまうリスクがあるからです。

社会人としてのマナーをしっかりと身につけてください。

転職意志が弱いので後回し

転職エージェントとの面談後に「いますぐ転職する気がない」と判断されると、積極的に連絡をすることもなくなります。

それよりも「今すぐ転職したい」という人を優先的に対応したいと転職エージェントは考えるからです。

この場合は、転職意志が強いことをアピールするために、転職エージェントに対して「求人の紹介はまだでしょうか?」とメールや電話で連絡をすることが必要です。

必要なデータ入力や書類提出が完了していない

転職エージェント経由で企業に応募するときは、履歴書・職務経歴書などのデータを転職エージェントのサイト上で入力するか、ワードやエクセルなどでファイル提出することが必要です。

これらのデータがなければ転職エージェントがあなたの履歴書や職務経歴書を作成しないといけなくなります。しかし、そんな面倒なことを転職エージェントがするわけはありません。

この場合は、履歴書や職務経歴書のデータ入力やワードやエクセルでファイル提出をしてください。同時に転職エージェントに対してデータ入力やファイル提出をしたことを連絡するようにしてください。

担当者が忙しい

担当者の仕事が忙しいので単純に連絡が遅くなっているだけというケースも多いです。みなさんが思う以上に、転職エージェントは激務なのです。

連絡し忘れている

単純に担当者があなたへの連絡をし忘れているというケースもあります。転職エージェントは激務なので連絡を忘れてしまう人もたまにいます。

ヒューマンエラーだから仕方ないと考えて、こちらから連絡を催促してみましょう。

担当者が退職・異動した

担当者が急に退職することで連絡がこないというケースがあります。引き継ぎがうまくいっていないのでしょう。

また、担当者が急な異動となり連絡する時間がないということもあります。この場合は、どちらにせよこちらから連絡をするしかありません。

書類選考や面接結果の連絡がこない・遅い理由

書類選考や面接結果の連絡がこない・遅くなる理由は、企業側の都合と転職エージェント側の都合があります。

企業側の都合

など様々な理由があります。

転職エージェント側の都合

などの理由があります。書類選考や面接結果の連絡が遅くなってしまう詳しい理由は以下のページも参考にしてください。

連絡がこない・遅い転職エージェントへの連絡方法

「連絡がこない」「連絡が遅い」転職エージェントには、こちらから「連絡をもっと早くしてほしい」と伝えるしかありません。

メールで連絡する場合

【件名】
○○の確認

【本文】
○○様(担当者の名前)

いつも大変お世話になっております。
転職 太郎でございます。

先日の面談でお伺いした求人の紹介の
進捗はいかがでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ではございますが、
ご連絡をお待ちしております。

大変お手数をおかけ致します。
ご確認の程何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

電話で連絡する場合

電話で連絡をする場合は、以下のように連絡を待っていることをはっきりと伝えることが重要です。

「面談でお伺いした求人の紹介はいつ頃になりますか?」
「書類選考の結果はまだでしょうか?」

ただし、電話をするときはこちらの印象が悪くならないように電話マナーをしっかりと守ってください。

担当者や転職エージェントを変えることも検討しよう

連絡が遅い、連絡が来ない転職エージェントを無理に使い続ける必要はありません。まずはちゃんとした担当者に変更してもらえないか転職エージェントに申請してみましょう。

また、別の転職エージェントを利用することも検討しましょう。担当者を変えてもレベルの低い転職エージェントであれば状況が改善されないことも多いからです。

ちなみに大手転職エージェントであれば転職サポート力も高いので、「連絡がこない」「連絡が遅い」という悩みは少なくなります。

相性が合わない!転職エージェントの担当者を変更できるのか」も参考にしてください。

まとめ

転職エージェントから連絡がこない・連絡が遅いときには、登録や面談後などの状況に応じた理由があるものです。

こちらに原因があることも多いですし、転職エージェント側に原因があることもあります。ただし、こちらに問題があるのであれば、悪いところを改善することが必要です。

また、転職エージェント側に問題がある場合は、こちらから指摘をして連絡を早くしてもらうようにするか、別の転職エージェントを利用することを検討しましょう。以下のページも参考にしてください。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ