MENU

返信は素早く!転職エージェントとメールや電話のやり取りをするときのポイント

2018年09月06日更新

転職エージェントとのキャリア面談が終わるとメールや電話で連絡のやり取りをすることになります。転職エージェントとメールや電話のやり取りをするときのポイントをご紹介します。

面接日程はすぐに返信しよう

転職エージェントから面接日程の連絡がメールで来たときは、すぐに返信してください。すぐに返信することで面接日程を素早く調整することができますし、企業に対しても志望度の高さをアピールすることができます。

さらに、面接日程の調整は転職エージェントの大きな負担となります。レスが遅いといつまでも面接日程が決まらないということもあります。

転職エージェントからの印象も悪くなってしまい、今後の転職サポートにも悪影響を及ぼしてしまうので注意しましょう。

そのため、転職エージェントを利用しているときはメールを1時間に1回はチェックする習慣をつけておくとよいでしょう。もしくは携帯に通知が来るように設定をしておきましょう。

気になる求人情報があればすぐに連絡しよう

転職エージェントからメールで求人情報を送られてきたときに、気になる求人があればすぐに連絡するようにしましょう。なぜなら、他の登録者にも求人は紹介されているからです。

素早く連絡することで面接を早く受けることができるので、採用される可能性も高くなります。連絡が遅いと応募する前に採用枠が埋まってしまうこともあるので注意してください。

電話はすぐに出よう

転職エージェントとの面談で電話に出ることのできる時間帯を聞かれます。最低でも電話に出ることのできる時間帯に転職エージェントからの電話があればすぐに出ましょう。

転職エージェントも基本的にはメールで連絡をするので、電話で連絡が来たときは緊急の連絡が多いです。

企業からの要望ですぐに面接日程を調整しなければいけない場合もあれば、優良求人が出たので早めに電話連絡してくれることもあります。

電話に出なかったために選考がうまくいかなくなってしまうこともあります。転職エージェントからの電話はすぐに出られるように調整しましょう。また、どうしても電話に出られなかったときはすぐに折り返し電話をしてください。

面接日の前日・当日の連絡は電話が基本

面接日の前日に急な仕事が入ってしまって面接日程を調整しなければいけないことや、面接日の当日に電車の遅延で面接に遅刻してしまうこともあります。

面接日の前日や当日にメール連絡をしても担当者が気づかない可能性があるので、面接日の前日・当日は電話で連絡をしてください。

面接日の2日前であればメールで連絡しても構いませんが、緊急連絡は電話が基本です。社会人のマナーでもあるので注意しましょう。

まとめ

転職エージェントからのメール連絡が来たときはすぐに返信するようにしましょう。転職エージェント利用中は定期的にメールチェックをする習慣をつけてください。

また、転職エージェントからの電話があったときもすぐに出られるように準備しておきましょう。どうしても出られなかったときはすぐに折り返し電話をするようにしましょう。

転職エージェントと良い関係を構築して、良い求人を紹介してもらうためにもメールや電話でのやり取りはスピードを重視しましょう!

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ