MENU

転職サイト、転職エージェント、直接応募で不採用になった会社に再応募することはできるのか

2018年09月06日更新

転職活動をすると不採用となることは多いです。しかし、転職サイト、転職エージェント、直接応募などで不採用となった会社の求人を見つけることがあります。不採用となった会社であっても再応募することはできるのでしょうか?

不採用のデータは残るのか

不採用のデータが残るかは応募方法や企業次第です。例えば、企業への直接応募であれば、企業によって不採用のデータや履歴書を保管するかどうかも変わります。

また、転職サイトや転職エージェント経由で不採用になった場合は、企業が不採用のデータを取っていなくても転職サイトや転職エージェント側で不採用データがわかるように情報保管しているケースもあります。

実際には短期間での再応募を防ぐために、過去1年程度の不採用者のデータを残すケースも多いです。そのため、再応募するときは不採用からどれくらいの時間が過ぎているかも考えることも必要です。

再応募できるかは応募方法や企業次第

不採用となった企業に再応募できるかどうかは、転職サイト、転職エージェント、直接応募などの応募方法や企業の再応募への考え方次第というのが正直なところです。

例えば、転職エージェントを利用する場合は、転職エージェント側の判断で再応募を認めないケースもあります。また、

「不採用にした人の再応募は1年間認めない」
「熱意がわかるので不採用になってもすぐに再応募可能」

など企業によって再応募に対する考え方によっても変わります。再応募はある程度の期間が過ぎるまで認めないという企業もあれば、熱意が高いと考えて短期間の再応募が可能の企業もいます。

また、そもそも不採用のデータは残しておらず、再応募であることに気づかずに選考をすることもあります。

そのため、再応募できるかどうかは応募方法や企業次第となってしまいます。正直なところ、自分で再応募してよいか判断するのは至難の技なのです。

どうしても入社したい会社なら再応募も手

このように再応募できるかどうか自分で判断するのは難しいです。そのため、再応募をしてでも入社したい企業があるなら、とりあえず再応募をするのも手です。

ただし、再応募で採用される確率を少しでも上げたいのなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

「過去に不採用になっていますが、どうしても入社したいので再応募したい」と転職エージェントに伝えれば、再応募が可能かどうかを教えてくれます。

また、再応募が可能な場合は、その企業に採用してもらえるように応募書類の添削や面接対策などの転職サポートを受けることもできます。

再応募したいという熱意を推薦してくれるので、自分で再応募するよりもいい結果になることが多いです。

ただし、転職エージェントが再応募したい企業の求人を取り扱っている保証はありません。複数の転職エージェントに登録して再応募したい企業の求人があるかをしなければいけないことにご留意ください。

落ちた原因の改善をしないで再応募しても落とされる

不採用になった原因を改善をしないで再応募をしても、また落とされてしまいます。

例えば、キャリアやスキル不足が原因で落とされているのに、キャリアやスキルが成長していないのであれば、また落とされてしまいます。

再応募をして採用されるには、落ちた原因を改善することが必要です。再応募の熱意だけで受かるほと転職は甘くないのです。

まとめ

これまでに不採用になった企業に再応募できるかどうかは、求人への応募方法や企業の再応募への考え方によって変わります。

再応募を歓迎する企業もあれば、再応募は1年以上認めないという企業もいます。ただ、どうしても入社したい企業ならある程度の期間が過ぎたら再応募をするのがおすすめです。

しかし、再応募しても企業が求める人材でなければ普通に落とされるので注意しましょう。再応募で採用される確率を高めるなら、転職エージェントを利用して再応募すると採用確率を少し高めることができます。

ただし、転職エージェントが求人を取り扱っている保証がないので、再応募したい企業の求人がある転職エージェントに登録する手間がかかることに注意してください。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ