MENU

転職エージェントからブラック企業の紹介を避けるコツ

2018年09月15日更新

転職エージェントを利用するときに気をつけたいのがブラック企業です。どんな転職エージェントでもブラック企業の求人を取り扱っているからです。

転職エージェントがブラック企業を紹介する理由や転職エージェントからブラック企業の紹介を避けるコツをご紹介します。

転職エージェントがブラック企業を紹介する理由

転職エージェントがブラック企業を紹介するのにはいろんな理由があります。

ブラック企業がお得意様

ブラック企業は常に人手不足です。そのため、求人サイトや転職エージェントに頼らないと採用が追いつきません。転職エージェントからするとお得意様となります。

そのため、ブラック企業だと認識した上でブラック企業を紹介する転職エージェントも多いです。ブラック企業がメインクライアントとなっている中小転職エージェントには注意が必要です。

ノルマが厳しい

中小転職エージェントはノルマが厳しいことが多く、ブラック企業であっても紹介しなければいけないケースがあります。

ブラック企業であれば採用される可能性が高いため、ノルマを達成するために求職者の希望条件を無視してでもブラック企業を優先的に紹介することがあります。

転職エージェントにノルマや売上目標はある?」も参考にしてください。

キャリアが低いのでブラック企業しか紹介できない

求職者のキャリアがあまりに低いとブラック企業しか紹介できないというケースがあります。ブラック企業を除くと紹介できる求人がないのです。

第二新卒のようにキャリアが浅く、給料が安いなどに多いケースです。この場合は、求める人物の希望条件が緩いブラック企業しか紹介できなくなってしまいます。飲食系やゴリゴリの営業職などの求人を紹介されると怪しいです。

ブラック企業が適職のケース

ブラック企業で働いていた経験があり、ブラック企業で働くことを辛いと思わない人もいます。また、ブラック企業であってもその人からするとビジョナリーカンパニーというケースもあります。

まれなケースですが、ブラック企業が適職であると転職エージェントが判断し、ブラック企業を紹介することもあります。

転職エージェントには必ずブラック企業の求人はある

上記の理由の中でも「ブラック企業は転職エージェントのお得意様である」ことから、転職エージェントには必ずブラック企業の求人はあると考えてください。

転職エージェントの裏事情を知らないと知らないうちにブラック企業を紹介されているケースがあるので注意してください。

ブラック企業の紹介を避けるコツ

上記から転職エージェントからブラック企業の紹介をされるのは普通のことです。そこで自分を自分で守るために、ブラック企業の紹介を避けるコツを知っておくことが重要です。

大手転職エージェントを利用する

大手転職エージェントは評判を気にしますし、ノルマも中小転職エージェントより緩いことが多いです。そのため、ブラック企業を紹介される可能性は低くなります。

ブラック企業を紹介されたくないのであれば、大手転職エージェントを中心に転職活動をするのがおすすめです。

ただし、大手転職エージェントであってもキャリアが低いとブラック企業は紹介されることはあるので注意してください。

ブラック企業に転職したくないと伝える

最初のキャリアカウンセリングの段階で「ブラック企業への転職はしたくない」と必ず伝えてください。希望条件を明確にすることで担当者も希望条件を考慮してくれるからです。

また、ブラック企業で働いている経験があれば、その旨も必ず伝えてください。悪質な転職エージェントでなければ、この段階でブラック企業は紹介されません。

ブラック企業を紹介されたら指摘する

希望条件で伝えてもしれっとブラック企業を紹介してくる転職エージェントもいます。転職エージェントからすると紹介してもわからないだろうと考えているからです。

そこでブラック企業を紹介されたと思ったら「この会社ってブラック企業で有名ですよね?ブラック企業には転職したくありません」とはっきり伝えることが重要です。

こうすれば転職エージェントも「この人にブラック企業を紹介してはいけない」と思い、それ以降は、ブラック企業を紹介することも少なくなります。

ただ、しれっとブラック企業を紹介するような転職エージェントは利用しないほうがいいので、別の転職エージェントに乗り換えることをおすすめします。

また、ブラック企業であることを指摘するにはブラック企業の特徴や見分け方を知っておくことが必要です。「ブラック企業の定義や特徴とは?検索や面接を利用したブラック企業の見分け方」も前提知識として知っておきましょう。

応募後にブラック企業と気づいたら?

転職エージェントに紹介された求人の応募後にブラック企業調査をし、ブラック企業であると気づくこともあります。

このときは転職エージェントに正直に「紹介された○○はブラック企業ですよね?ここは受けたくありません」と伝えればよいでしょう。

また、面接を受けてから判断したいのであれば面接をとりあえず受けてもOKです。「やっぱりブラック企業だ」と確定したら面接に合格しようが内定をもらおうが断ればいいのです。

転職エージェントの求人を断る権利はあるのです。ブラック企業を紹介されていることにあとで気づいたら毅然とした態度で伝えましょう。

主要転職エージェント別のブラック企業紹介事情

主要転職エージェント別のブラック企業紹介事情を知りたい人は、以下のページも参考にしてください。

まとめ

転職エージェントのビジネスモデル的にもブラック企業の求人を取り扱わなければいけないのは仕方のないことです。

転職エージェントからブラック企業を紹介されることもあるという前提で、転職エージェントを上手に活用することが重要です。

ブラック企業に転職したくないのであれば大手転職エージェントを中心に登録しましょう。また、ブラック企業に転職したくないことをキャリアカウンセリングのときにしっかりと伝えてください。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ