MENU

転職エージェントの面接辞退はできる?上手に選考辞退をするコツ

2018年09月06日更新

転職エージェント経由で応募した企業で面接を受けることが決まり、いろいろと企業調査をするうちに面接を受けたくないと感じることがあります。

転職エージェント経由で応募した企業の面接を辞退することはできるのでしょうか?上手に選考辞退をするコツをご紹介します。

面接辞退は避けるべき理由

転職エージェント経由の面接を辞退することは可能ですが、自分の都合で面接辞退をすると転職エージェントからの印象が悪くなってしまいます。今後の転職サポートにも悪影響が出てしまうので、面接辞退をするのは避けるべきです。

転職エージェントはあなたからお金をもらっているわけではありません。転職を成功させたときに「成功報酬」として企業から紹介手数料をもらっています。そのため、あなたよりも企業との信頼関係を重視するのが普通です。

しかし、面接の約束をしているのにも関わらず面接辞退をしてしまうと、企業からの信頼関係を失ってしまいます。最悪の場合、企業との取引停止となってしまうリスクだってあります。

このように転職エージェントの立場を考えると面接辞退はやめるべきであることがわかります。安易に面接辞退をすることで、転職エージェントから積極的な転職サポートを受けることができなくなってしまいます。

そのため、どうしても面接辞退をしなければいけないような場合を除いては、面接辞退をするのは避けるべきなのです。

面接辞退をしても問題ないケース

面接辞退をしても問題ないケースがあります。

他社に転職することが決まった

他社の内定が決まり転職することが決まったのであれば、面接辞退をしても問題ありません。むしろ面接を受けるほうが失礼です。

転職活動をやめた

転職エージェントを利用して転職活動を進めるうちに「まだ転職をする時期ではない」と判断することもあります。転職する気もないのに転職エージェントを利用しても迷惑をかけるだけです。

転職エージェントや企業に無駄な時間を使わせないために正直に転職活動をやめることを伝えましょう。もちろん引き止められるでしょうが、自分の意志を優先させましょう。

面接辞退をするとトラブルになりやすいケース

面接辞退をすることでトラブルになりやすいケースがあります。

連絡なしで面接に行かない

一番やってはいけないのは転職エージェントに連絡なしで面接に行かないことです。この場合は、今後転職サポートを受けることはできなくなると考えてください。企業だけでなく転職エージェントからも最悪の印象となってしまうからです。

面接日当日や前日での面接辞退

面接日当日や前日面接辞退をすることもトラブルになりやすいです。採用担当者は面接のための準備もしていますし、スケジュールも確保しています。

また、面接日ギリギリで面接辞退をすると転職エージェントに対する企業の信頼もなくなってしまいます。その結果、あなたに対する印象も悪くなり、積極的な転職サポートを受けることが難しくなります。

どれだけ遅くとも面接日の2日前までには連絡をしておきたいところです。面接辞退をするなら早めの連絡が重要です。

一次面接の辞退

転職エージェントによっては一次面接を辞退できないという利用規約になっているケースがあります。

この場合は、契約上の問題もあるので一次面接を辞退することはやめましょう。ただし、最近では一次面接であっても面接辞退は可能という転職エージェントも増えています。

特に規約がない場合は、一次面接の段階で面接辞退をするべきです。最終面接よりはトラブルとなりにくいからです。

最終面接の辞退

最終面接の面接官は社長や役員などが担当することが多いです。企業の採用担当者としても最終面接を辞退されると困ってしまうことが多いですし、社内での立場も悪くなってしまいます。

そのため、最終面接を辞退すると、企業から転職エージェントへクレームが来る可能性が高くなってしまいます。

転職エージェントも最終面接まで進んだら「とにかく面接だけは受けてください」と説得することが多いです。最終面接の辞退をするくらいなら、最終面接を受ける前に選考辞退をしましょう。

面接後の選考辞退は問題なし

面接を受けた後に「この会社は少し違うな」と思うことはよくある話です。この場合は、転職エージェントに正直な気持ちを伝え、今後の選考を辞退するという意志を伝えましょう。

面接後の選考辞退は面接前の面接辞退と比べても、トラブルとなるケースはかなり少ないです。

上手に面接辞退をするポイント

面接辞退をしてはいけないケース以外であっても、どうしても面接辞退をしたいということはよくあります。転職エージェントからの印象が悪くならないように上手に面接辞退をするポイントをご紹介します。

早めに面接辞退する

早めに面接辞退をするのがトラブルを避けるポイントです。面接日ギリギリに面接辞退をするのは人としての礼儀にも欠けますし、企業や転職エージェントにも大きな迷惑をかけてしまいます。

面接辞退をしなければいけない状況になったら、できるだけ早く面接辞退の意思を伝えてください。

転職エージェントに面接辞退の連絡をしてもらう

転職エージェント経由で面接を受けた場合は、企業担当者とのやり取りは転職エージェント経由で行います。

一次面接などで担当者の連絡先がわかったとしても、面接辞退の意志は自分が直接伝えるのではなく、転職エージェント経由で伝えてください。

面接日までの日程で連絡方法を変える

面接日までの日程で連絡方法を変えてください。面接日2日前までであればメールと電話、面接日前日や当日は電話で面接辞退をするのが一般的です。

また、面接日までに余裕がある場合でも、電話でも連絡をすることで転職エージェントの担当者の印象が悪くならないようにします。

ギリギリの面接辞退なのにメールだけで連絡するとメールが来ていることに気づかないというリスクもあるからです。

メールでの面接辞退の伝え方

面接辞退をする時のメールの例文をご紹介します。

正当な理由がある場合

「他社に転職することが決まった」
「転職活動をやめた」

など正当な理由がある場合は、正直な理由を伝えればOKです。

件名

○○会社の面接辞退のお願い

本文

○○様(担当者の名前)

いつも大変お世話になっております。
転職太郎でございます。

この度△△会社へ転職することが決まりました。
つきましては×月×日に面接を予定しておりました
○○会社の面接辞退をお願いしたいと考えております。

○○様には大変お世話になったのにも関わらず、
御社経由で転職することができなかったことを
大変心苦しく感じております。

末筆ながら、○○様の今後のご活躍を心から
お祈り申し上げております。

本当にありがとうございました。
何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

こちら側の都合の場合

「転職活動を進めるうちに志望度が低くなった」
「希望条件に合わない会社だと思った」

などこちら側の都合の場合は、正直な気持ちを転職エージェントに伝えましょう。ただし、転職エージェントからの印象が悪くならないような伝え方をしてください。

件名

○○会社の面接辞退のお願い

本文

○○様(担当者の名前)

いつも大変お世話になっております。
転職太郎でございます。

×月×日に面接を予定しておりました
○○会社の面接辞退をお願いしたいと考えております。

理由としては転職活動を進めるうちに
○○会社への志望度が低くなってしまったことです。

このまま面接を進めて内定を頂いたとしても
入社する意志がないので、早めに面接辞退をするべきだと
考えております。

○○様には大変なご迷惑をかけてしまうことを
大変心苦しく感じておりますが、
面接辞退についてご了承いただければ幸いでございます。

また、企業の採用担当者様にも誠に申し訳ないと
思っております旨お伝えください。

大変お手数をおかけ致します。
ご確認の程何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

電話での面接辞退の伝え方

面接辞退をする時の電話のかけ方例をご紹介します。話す内容は基本的にメールと同じです。

正当な理由がある場合

あなた:いつも大変お世話になっております。転職太郎と申します。○○様(担当者の名前)はいらっしゃいますか?
担当者:はい。○○です。
あなた:この度△△会社へ転職することが決まりましたので、×月×日に面接を予定しておりました○○会社の面接辞退をお願いしたいと考えております。
担当者:なるほど…わかりました。
あなた:○○様には大変お世話になったのにも関わらず、御社経由で転職することができなかったことを大変心苦しく感じております。
何卒よろしくお願い致します。
担当者:いえいえ。
あなた:これまで本当にありがとうございました。それでは失礼致します。

こちら側の都合の場合

あなた:いつも大変お世話になっております。転職太郎と申します。○○様(担当者の名前)はいらっしゃいますか?
担当者:はい。○○です。
あなた:×月×日に面接を予定しておりました○○会社の面接辞退をお願いしたいと考えております。
担当者:面接辞退をしたい理由は何ですか?
あなた:理由としては転職活動を進めるうちに○○会社への志望度が低くなってしまったことです。このまま面接を進めて内定を頂いたとしても入社する意志がないので、早めに面接辞退をするべきだと考えております。
担当者:とりあえず面接を受けるという選択肢はありませんか?
あなた:このまま面接を受けてもご迷惑をかけてしまうので、できれば面接辞退をしたいと考えております。
担当者:なるほど…承知しました。
あなた:○○様には大変なご迷惑をかけてしまうことを大変心苦しく感じておりますが、面接辞退についてご了承いただければ幸いでございます。
担当者:わかりました。
あなた:それでは引き続き何卒よろしくお願い致します。それでは失礼致します。

応募前に選考辞退するのがベスト

面接日程が決まってから辞退をするのでトラブルに発展しやすくなります。面接辞退をするのはリスクが大きいので、書類選考や面接の応募前に選考辞退をするのがベストです。

その他の断り方

求人の断り方や内定辞退などは、以下のページを参考にしてください。

まとめ

転職エージェント経由の面接辞退をすることは可能ですが、転職エージェントからの印象が悪くなるので面接辞退をするのは避けましょう。

「転職先が決まった」「転職活動をやめる」など正当な理由がない限りは、面接辞退をすることはおすすめできません。書類選考や面接の応募前に選考辞退をするようにしてください。

また、どうしても面接辞退をしたいという場合は、早めの連絡を心がけ、転職エージェントからの印象が悪くならないようにメールや電話で正直な気持ちを伝えましょう。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ