MENU

転職エージェントの面接結果や内定連絡はどれくらい?合否連絡が遅くなる理由

2018年06月20日更新

転職エージェントから紹介してもらった求人の面接を受けたあとに気になるのが、面接結果や内定連絡です。

転職エージェント経由の面接結果や内定連絡はどれくらいの日数でわかるのでしょうか?また、面接や内定などの合否連絡が遅くなってしまう理由もご紹介します。

転職エージェントの面接結果や内定連絡は1週間が目安

転職エージェント経由の面接結果や内定連絡は、1週間程度を目安に考えておくとよいでしょう。

ただし、転職エージェントや応募先の企業によっては即日で合格連絡が来ることもあれば、2週間以上連絡が来ないこともあります。

あまりに遅い場合だと1ヶ月以上かかってしまうケースもあります。また、書類選考期間の目安は応募する企業の規模によっても変わります。

大企業は結果連絡まで長い

応募先の企業が大企業であれば、採用担当者の一存で面接合格者や内定者を決めることが難しくなります。上司への確認や稟議申請が必要となることが多いからです。

特に内定は採用に直結する決定事項なので、社長レベルの稟議申請が必要なことも多いです。そのため、大企業であるほど内定連絡は遅くなりやすいです。

中小・ベンチャー企業は結果連絡が早い

中小企業やベンチャー企業は、採用担当者の一存で面接合格者や内定者を決めることができます。

組織もスリムなため上司や社長に面接合格してもよいかとすぐに確認することもできます。採用担当者が人事権を持っているなら即日で面接合格や内定連絡をすることもあります。

転職エージェント側の都合で連絡が遅くなる理由

転職エージェントは、企業を担当する営業と、転職者を担当するキャリアアドバイザーが分かれている「分業制」を採用していることが多いです。

「企業の採用担当者→転職エージェントの企業担当→転職エージェントの転職者担当→あなた」という連絡の流れとなります。

あなたに連絡が届くまでの工程が多いため、面接結果や内定連絡が遅くなってしまうことが多いです。

企業担当が応募先の企業に結果確認していない

転職エージェントの企業担当が応募先の企業の採用担当者に面接結果の確認をしていない場合は、面接結果連絡が遅くなりやすいです。

企業の採用担当者は転職エージェント以外にも転職サイト、直接応募、複数の転職エージェントを利用しながら採用活動を行っています。

そのため、企業の採用担当者は非常に忙しい状況にも関わらず、企業の採用担当者に結果確認をしなければ、面接結果の連絡は後回しにされてしまうことが多いのです。

また、企業は複数の転職エージェントを利用することが多く、メインの転職エージェントとサブの転職エージェントを分けて利用することが多いです。

メインの転職エージェントであれば、頻繁に連絡を取るので面接結果もすぐに教えてもらえることが多いです。

しかし、サブの転職エージェントであれば面接結果の連絡も後回しになることが多いです。そもそも連絡が後回しになるような状況なのに、企業に対して結果確認をしないので面接結果の連絡が遅くなりやすいのです。

結果連絡を忘れている

企業担当が転職者担当に面接の結果連絡を忘れていることもあります。また、転職者担当があなたに対して面接の結果連絡を忘れているケースもあります。

担当キャリアアドバイザーが多忙で優秀でない場合、不採用連絡を忘れることが多いです。優秀でないキャリアアドバイザーは日々ノルマに追われがちなので、合格者への連絡はすぐしますが不合格者への連絡を後回しにする傾向があるからです。

キャリアアドバイザーのレベルが低い

転職者担当であるキャリアアドバイザーのレベルが低いと面接結果の連絡も遅くなりやすいです。優秀なキャリアアドバイザーであれば、面接結果の連絡が遅いと企業担当者企業の採用担当者に直接面接結果の状況を確認してくれるからです。

一方、キャリアアドバイザーのレベルが低いと、面接結果が遅くなっても、自分から結果確認をすることもありません。

また、キャリアアドバイザーのレベルが低いという理由で面接結果を後回しで連絡をされてしまうこともあります。このようにキャリアアドバイザーのレベルが低いと面接結果の連絡は遅くなりやすいのです。

担当者が退職・異動した

あなたの担当者が急に退職や異動をした結果、面接結果の連絡が遅くなることがあります。引き継ぎがしっかりできていない場合は、特に面接結果の連絡が遅くなりやすいので注意が必要です。

応募先企業側の都合で連絡が遅くなる理由

一方、応募先企業側の都合で面接結果や内定連絡が遅くなる理由としては、

などがあります。特に転職エージェント経由の場合、採用が決まったら転職エージェントに成功報酬を支払う必要があります。

そのため、費用に見合う人材かを慎重に検討している場合、面接結果の連絡は遅くなりがちです。

また、面接結果の連絡が遅くなる一般的な理由のケースもあります。「面接結果の連絡が遅いと不採用?面接の合否連絡が遅くなる理由」も参考にしてください。

1週間連絡がないなら転職エージェントに確認してOK

会社によって面接結果の連絡に時間がかかるところはありますが、大体の企業は1週間前後で合否連絡が来ます。

もし面接から1週間経過しても連絡がない場合で結果がどうしても気になるのであれば、転職エージェントに連絡して面接結果の確認をしましょう。

まとめ

転職エージェント経由で面接を受けたときの結果連絡は、1週間前後を目安と考えてください。

ただし、転職エージェントや企業の都合で連絡が早くなることもあれば、遅くなることもあります。

また、面接結果連絡が遅くなってしまう理由は様々です。転職エージェント側の理由もあれば、企業側の理由もあります。

面接結果や内定連絡がいつ来るのかと悩みすぎないようにしましょう。

おすすめページ

主要ページ