MENU

使えない!役に立たない転職エージェントの特徴

2018年09月06日更新

転職エージェントには役に立つキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーばかりではありません。正直使えないと思ってしまう担当者になってしまうこともあります。今回は、役に立たない転職エージェントの特徴をご紹介します。

新卒入社1~2年目

新卒入社して1~2年目の人が担当となると役に立たないケースが多いです。自分が転職した経験がない人がほとんどのため、役に立つ転職アドバイスをすることも難しいです。先輩から聞いたアドバイスをそのとおり言っているだけというケースも多いです。

また、新卒入社から間もないので圧倒的に知識や経験が足りません。担当する業界・職種に関する情報も詳しいとは言えません。

さらに、転職エージェントとして担当した人数も少ないので年収交渉にも慣れていませんし、実例から学んだ知識やノウハウをアドバイスすることも難しいです。履歴書・職務経歴書添削や模擬面接なども下手くそです。

それ以外にも、社内の企業営業担当者との関係もできていないので、ベテランの転職エージェントのように社内交渉をするのが難しいです。このように新卒入社1~2年目の人が担当すると役に立たないケースが多いのです。

中途採用で転職エージェントの経験が浅い

中途入社で異業種から未経験転職エージェントになったが、転職エージェントとして1~2年程度の経験しかない人も役に立たないことが多いです。

新卒採用の人よりも年齢が高いので信用できそうに思いますが、未経験なので新卒入社の人とレベル感が変わらないことも多いです。

希望条件に合わない求人を紹介してくる

初回のキャリア面談で希望条件を伝えているのにも関わらず、希望条件に合わない求人を紹介してくる転職エージェントは役に立たないです。

転職に対して何を求めているのかを正確に理解できておらず、自分主体で求人を紹介してしまっています。

これではいつまで経っても希望条件に合った求人を紹介してもらうこともできません。別の転職エージェントに変えることが必要となります。

また、希望条件に合わないことをわかったうえで、転職エージェント側に都合のいい求人ばかりを紹介してくることもあります。どちらも役に立たない転職エージェントの特徴となるので注意してください。

応募したくない!転職エージェントから紹介された求人の上手な断り方」も参考にしてください。

たくさん求人応募させようとする

希望条件に合わない求人や志望度の低い求人に対しても、たくさん求人応募させようとする転職エージェントも役に立たないことが多いです。

希望条件に合った転職をさせるのが目的ではなく、あなたをとにかく転職させることが目的だからです。

最初からちゃんとした転職サポートをする気もありませんし、自信がないからこそ数撃ち勝負にしていることも多いからです。

自分の意見を押し付けてくる

初回面談時にこちらの話も聞かずに自分の意見を押し付けてくるような転職エージェントも役に立たないです。

これでは希望条件に見合った会社に転職することはできませんし、担当者が理想とする転職先を押し付けられる結果となってしまいます。

そもそも人の話も聞けない時点で仕事ができないことは確定です。自分の意見を押し付けてくる転職エージェントは注意しましょう。

態度が悪い

態度が悪い転職エージェントは役に立たないことがほとんどです。転職エージェントはサービス業であるのに、その基本すらできていないからです。

実際には自分では転職できなそうな人が担当になってしまうと、わざと態度を悪くしてその後転職サポートをしなくていいようにしてしまう人もいます。

態度が悪い人に仕事ができる人は少ないです。継続して利用しても不愉快になるだけです。別の転職エージェントを利用しましょう。

連絡が遅い・連絡が来ない

連絡が遅い転職エージェントは役に立たないことが多いです。転職エージェントに限らず、仕事ができない人は大体連絡が遅いものです。

転職エージェントはキャリアコンサルタント1人で100人以上の転職希望者を担当するので忙しいです。しかし、できるキャリアコンサルタントはどんなに忙しくても必要に応じて連絡をします。

また、転職希望者に連絡が遅いということは企業担当者や採用担当者に対しても連絡が遅いでしょう。企業担当者や採用担当者に信用されていないのであれば、良い転職ができるわけがありません。

さらに、連絡が遅いのを通り越して連絡が来ない転職エージェントはもっと役に立ちません。連絡が来ないのでは転職のしようがないからです。

応募先の業界・職種に関する知識が乏しい

応募先の業界・職種に関する知識が乏しい転職エージェントも役に立たないことが多いです。こちらが質問しても役立つアドバイスをすることができないからです。

また、業界や職種の知識に精通していないため、適切なキャリアカウンセリングを行うこともできません。また、あなたの適正なキャリア評価することもできません。

求人票には掲載されていないような業界や企業の裏情報も持っていないので、転職エージェントを利用するメリットが激減してしまいます。

電話やメールの連絡が多い

電話やメールの連絡がやたら多い転職エージェントも役に立たないです。ノルマを達成できていないがために、電話やメールの連絡が多くなっているからです。ノルマも達成できない時点で優秀な転職エージェントではありません。

優秀な転職エージェントであれば忙しいので、必要なときのみ電話やメールの連絡をするものです。連絡の多さからも役に立たない転職エージェントであることがわかります。

無視してはいけないのはなぜ?電話やメールの連絡がしつこい転職エージェントの対処法」も参考にしてください。

履歴書・職務経歴書添削や模擬面接をしてくれない

転職エージェントの強みとして履歴書・職務経歴書添削や模擬面接などの面接対策を行いますとアピールをしています。

しかし、転職エージェントによっては転職希望者がこれらのサポートを希望しても一切添削や模擬面接を行わない転職エージェントもいます。

これは手間がかかる転職サポートを行わずに、とりあえず転職できそうな会社に手っ取り早く転職をさせたいと考えているからです。

また、担当者によってもノルマを達成することを優先して、履歴書・職務経歴書添削や模擬面接を行わないという人もいます。

このように履歴書・職務経歴書添削や模擬面接などの転職サポートを行わない転職エージェントは役に立たないと考えてください。

転職希望者のことは全く考えておらず、自社の利益しか考えていないからです。以下のページも参考にしてください。

内定が出たら強引に説得してくる

内定が出たら第一志望の企業でなくても転職するように説得してくる転職エージェントも役に立たないことが多いです。

あなたの希望よりも自分のノルマを優先させているからです。本当に優秀な転職エージェントは転職希望者が満足するように転職サポートを行います。

入社意思のないような会社にでも強引に説得して転職させようとするなら役に立たない転職エージェントと考えてください。

ゴリ押しされてうざい!強引でしつこい転職エージェントの対処法」も参考にしてください。

役に立たない転職エージェントが担当者になったときの対処法

担当者を変える

しばらく利用してみて「まじで役に立たない転職エージェントだな」と感じたのであれば、担当者を変えてみましょう。担当者の変更依頼をすることでベテランの担当者になるかもしれません。

相性が合わない!転職エージェントの担当者を変更できるのか」も参考にしてください。

別の転職エージェントを利用する

転職エージェントのレベルが低ければ、担当者を変更しても役に立たない担当者になるだけです。この転職エージェントはもうだめだと判断したのであれば、別の転職エージェントを利用しましょう。

まとめ

「新卒1~2年目など経験が浅い」
「希望条件に合わない求人を紹介してくる」
「連絡が遅い・来ない」
「電話やメールの連絡が多い」

など役に立たない転職エージェントの特徴を知ることで、役に立たない転職エージェントが担当になったときにすぐ対処することが可能となります。

役に立たない転職エージェントから転職サポートを受けても良い転職をするのは難しいです。役に立たないと感じたら、担当者を変えるか転職エージェントを変えるようにしましょう。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ