MENU

転職エージェント経由で内定が出ても辞退できる?上手に内定辞退をするコツ

2018年09月06日更新

複数の企業から内定をもらったときや第一志望の企業の選考が終わっていないときなど内定辞退をしたいと考えることは多いです。

でも、転職エージェント経由で応募した企業から内定をもらったときに内定辞退をしてもよいのでしょうか?上手に内定辞退をするコツも一緒にご紹介します。

内定辞退は可能

転職エージェント経由で内定が出た場合でも、内定辞退をすることはもちろん可能です。転職エージェントを利用したら絶対に内定を承諾しなければいけないというルールはないのでご安心ください。

内定承諾後の内定辞退(入社前辞退)はNG

ただし、内定承諾書や入社承諾書などを提出し内定承諾をしてしまうと、入社することが決まったと企業は考えます。

この場合の内定辞退はNGです。厳密に言うと内定辞退ではなく入社前辞退ということになってしまうからです。

企業の採用担当者もあなたが入社すると考えて採用活動をストップしているかもしれませんし、入社に伴う様々な準備を進めています。

また、転職エージェントに対しても迷惑がかかってしまいます。入社が決まったのに入社前辞退をするような人を紹介したことで転職エージェントに対する信頼がなくなってしまうからです。最悪の場合、企業との取引停止になるかもしれません。

内定承諾後の入社前辞退はしてはいけないということを知ってください。社会人としての礼儀に反す行為です。

内定承諾する前にしっかりと考えよう

そのため、内定をもらったときは本当に入社したいかどうかを真剣に考えてください。内定承諾をしなければ内定辞退をしても何の問題ないからです。

内定をもらったらとりあえず承諾するのではなく、何日か考えたうえで結論を出すのがおすすめです。第一志望の企業であっても考える時間は重要です。

内定承諾するべきか迷っているなら相談しよう

「本当にこの会社に決めてよいのか?」
「第一志望の企業からの連絡が来てから決めたい」

などのように内定承諾するべきか悩むケースは意外と多いです。この場合は、正直な気持ちを転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントとしても内定辞退されるくらいなら、内定承諾するべきか考える時間を設けてくれるものです。企業にも上手に説明して内定保留の時間を稼いでくれます。

ただし、企業も1週間程度しか待ってくれないことが多いので、内定に対する返事を先延ばしにすることで内定取消となるリスクがあることも知っておきましょう。

上手に内定辞退をするコツ

引き続き転職エージェントを利用するなら、転職エージェントの担当者からの印象が悪くならないように内定辞退をすることがポイントです。

できるだけ早く連絡する

内定辞退をする意志が固まったのであれば、できるだけ早く内定辞退の連絡をしてください。企業も内定を出したら入社してくれるものだと考えていることが多いです。

採用活動をストップしている可能性もあるので、企業に対しても大きな迷惑をかけてしまいます。内定がもらって数日中には内定辞退の連絡をしましょう。どれだけ遅くても1週間以内には連絡をしておきたいところです。

転職エージェントに内定辞退の連絡をする

企業の採用担当者の連絡先を知っている場合でも、転職エージェントに内定辞退の連絡をしてください。

転職エージェント経由で応募した場合は、転職エージェント経由で連絡をするのがマナーです。直接企業の採用担当者に内定辞退の連絡をしないように注意してください。

電話で連絡をしよう

できるだけ早く内定辞退の連絡をするために、メールではなく電話で連絡をしてください。メールで連絡をするのは担当者からの電話がどうしてもつながらないときのみとしてください。

また、転職エージェントの担当者によって対面での面談を求めてくることもあります。この場合は、面談に応じて内定辞退をすることを伝えてください。

正直な理由を伝える

「年収が希望条件に満たない」
「最終面接での面接官の印象が悪くて入社意思がなくなった」
「第一志望の企業からの結果連絡を待ちたい」
「他社に入社することを決めた」

など正直な理由を伝えてください。変な言い訳をするよりも正直に内定辞退と思った理由を伝えたほうが、転職エージェントの担当者も納得しやすいからです。

また、年収などの雇用条件が内定辞退の理由であれば、企業に対して条件面の再交渉をしてくれることもあります。

その結果、希望条件を満たすような雇用条件を提示され転職するということもあります。正直な理由を伝えるのが一番です。

申し訳ないという気持ちを伝える

内定辞退をしても転職エージェントを利用するのであれば、転職エージェントから悪印象を持たれないようにすることが必要です。そのため、内定辞退をしてしまい申し訳ないという気持ちをしっかりと伝えるようにしてください。

また、他の会社に転職することを決めたときも同様に、申し訳ないという気持ちをしっかりと伝えるようにしてください。

内定辞退をするときの電話のかけ方

あなた:いつも大変お世話になっております。転職太郎と申します。○○様(担当者の名前)はいらっしゃいますか?
担当者:はい。○○です。
あなた:先日内定を頂いた△△社ですが内定辞退をしたいと考えております。
担当者:内定辞退をしたい理由は何ですか?
あなた:年収が希望条件に満たないからです。
担当者:なるほど…承知しました。
あなた:○○様にはご迷惑をおかけしますが、内定辞退の件、何卒よろしくお願い致します。
担当者:かしこまりました。
あなた:ご理解いただきありがとうございます。それでは失礼致します。

電話がつながらないときのメールの書き方

何度電話をかけてもつながらないときはメールで送ってもOKです。ただし、メール本文で何度も電話をしていることをアピールしてください。

件名

○○社の内定辞退のお願い

本文

○○様(担当者の名前)

いつも大変お世話になっております。
転職太郎でございます。

何度かお電話をしたのですが、電話がつながらなかったので
メールにてご連絡しております。

先日内定を頂いた△△社の内定辞退を
したいと考えております。
理由としては年収が希望条件に満たないからです。

○○様には大変なご迷惑をかけてしまうことを
大変心苦しく感じておりますが、
内定辞退についてご了承いただければ幸いでございます。

大変お手数をおかけ致します。
ご確認の程何卒よろしくお願い致します。

転職 太郎

内定辞退を引き止められたら?

「内定辞退するべきか一度考え直してみませんか?」
「次の面接で内定が出るとは限らないですよ?」
「やっと内定が出たのに辞退するなんてもったいない!」
「希望条件に合うように交渉しますよ?」

などと転職エージェントの担当者から内定辞退を考え直すように引き止められるのが普通です。引き止めをすることで内定辞退することをやめ転職することもあるからです。

そのため、内定辞退の意志が固まっているなら、引き止められても内定辞退の意志は変わらないことを伝えてください。

転職エージェントに引き止められたから入社しなければいけないというルールもありません。自分の人生がかかっているので、内定辞退の意志が固いなら意志を貫き通しましょう。

また、レベルの低い転職エージェントの担当者は「内定辞退をするならもう求人を紹介しません」とひどい対応をされることもあります。この場合は、別の転職エージェントを利用したほうがよいでしょう。

その他の断り方

求人の断り方や面接辞退などは、以下のページを参考にしてください。

まとめ

転職エージェント経由で内定をもらった場合でも、内定辞退をすることは可能です。ただし、内定承諾をしてしまう内定辞退をするのは難しくなります。入社前辞退となってしまうからです。

そのため、内定をもらったときは内定承諾するべきか内定辞退をするべきかを真剣に考えてください。自分だけでは決められないのであれば転職エージェントに正直な気持ちを相談してみましょう。

また、内定辞退をすることを決めたときは、できるだけ早く電話で内定辞退の連絡をし、正直な理由を伝えてください。

最後に転職エージェントから内定辞退を引き止められると思いますが、内定辞退の意志が固まっているなら、内定辞退の意志が変わらないことを伝えてください。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ