MENU

転職エージェントにノルマや売上目標はある?

2018年09月06日更新

転職エージェントを利用するときに、ノルマ達成のためだけに望まない転職をさせられないかと不安になりますよね。転職エージェントにノルマや売上目標はあるのでしょうか?

転職エージェントにもノルマはある

転職エージェントにもノルマはあります。転職エージェントは慈善事業ではなく営利企業なので売上がなければ潰れてしまうからです。

そのため、キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントには会社に応じてノルマや目標数字が設定されていることが一般的です。

ノルマの種類

ノルマの種類は会社によって様々ですが、ノルマの種類は「紹介手数料(売上)」「決定人数」のどちらかが基本です。

また、ノルマ以外にも「担当人数」「電話やメール回数」「企業への応募数」「書類選考通過率」「面接通過率」などの行動指標を別に設定している転職エージェントも多いです。

これらのノルマを「毎月」「四半期」「半期」「1年」などの期間で設定されています。

紹介手数料(売上)ベースのノルマ内容

転職エージェントが紹介した人と企業が雇用契約を結ぶと、「成功報酬」として年収30%程度の紹介手数料としてを企業から受け取ることができます。

中小転職エージェントや営業要素が強い転職エージェントでは、この「紹介手数料(売上)」をノルマの数字にすることが多いです。

紹介手数料(売上)がノルマとなるため、現在の年収が高い転職希望者を優先して対応することが多いです。また、希望条件よりも高年収の求人を紹介する傾向にあります。

そのため、年収が低いと優先的に対応してもらえない、しっかりとした転職サポートが受けられないというデメリットがあります。

一方、紹介手数料を上げるために年収交渉を真剣に行ってくれるというメリットもあります。

決定人数ベースのノルマ内容

大手転職エージェントでは、紹介した人と企業が雇用契約を結んだ人数である「決定人数」をノルマにすることが多いです。

大手転職エージェントは扱っている求人数も多く、転職希望者の集客もしやすいです。そのため、紹介手数料(売上)よりも決定人数をノルマにすることが多いです。

また、大手転職エージェントは会社の評判も気にしています。決定人数をノルマにすると悪評は立ちにくくなります。

なぜなら、紹介手数料(売上)ベースにすると、売上のために転職者の希望条件に合わない転職をさせることも多くなってしまうからです。

強引に転職させる転職エージェントだという悪評を避けるためにも、紹介手数料ではなく決定人数をノルマにすることが多いのです。

ただし、決定人数がノルマとなるので「担当人数」「電話やメール回数」「企業への応募数」「書類選考通過率」「面接通過率」が行動目標として別に設定されることが多いです。

これらの行動目標がデイリー、ウィークリー、マンスリーで設定されるので決定人数が達成できないなら、行動目標だけでも達成しなければいけません。

そのため、積極的に希望条件に合った求人を紹介してもらうことができますが、やや強引に転職させようと誘導する・連絡が多くなるケースもあります。

また、紹介手数料(売上)がノルマではないので、積極的に年収交渉をしないキャリアアドバイザーも多いのがデメリットといえます。とりあえず転職させればノルマは達成できるからです。

ノルマ前提で転職エージェントを上手に利用しよう

「紹介手数料(売上)」「決定人数」のどちらかをノルマにしている転職エージェントがほとんどです。そのため、転職エージェントにはノルマがあるという前提で上手に利用することが重要です。

転職エージェントがノルマのために転職させようとしていても、それに従う必要はありません。転職の希望条件に合った会社に転職することを優先させましょう。

また、転職エージェント自体がノルマ優先だと感じたら、別の転職エージェントを利用しましょう。自分に合った転職エージェントを何社も利用すればいいのです。転職エージェントのノルマのために無理に転職をする必要はありません。

さらに、担当者によってもノルマ意識の強い人、弱い人がいるので担当者を変えることもできます。「相性が合わない!転職エージェントの担当者を変更できるのか」も参考にしてください。

ノルマが原因でしつこい・強引な場合の対処法

ノルマが厳しいので連絡がしつこいと感じてしまうことも多いです。こんなときは連絡頻度を減らすようにお願いをしてください。

また、強引に求人や内定をゴリ押しされるときは自分の意志を変えずに、具体的な理由とともに断ることが必要です。以下のページも参考にしてください。

まとめ

転職エージェントにはノルマがあるのが普通です。「紹介手数料(売上)」「決定人数」をノルマにすることが多く、ノルマの種類によって転職エージェントの対応も変わります。

ただ、ノルマのない転職エージェントは基本的にはありません。そのため、ノルマがあることを前提にして転職エージェントと上手に利用することがポイントとなります。

転職エージェントのノルマのために無理に転職をする必要はありません。自分の希望条件に合った転職をすることが重要です。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ