MENU

要注意!転職エージェントで起きやすいトラブル例

2018年09月06日更新

普通に利用していれば転職エージェントとトラブルになることはありません。しかし、まれに転職エージェントとトラブルになってしまうことがあります。

そこで転職エージェントで起きやすいトラブル例をご紹介します。転職エージェントとトラブルを起こすと良い転職はできなくなるので注意してください。

あなたが原因でトラブルになるケース

まずは、あなたが原因でトラブルになるケースから見ていきましょう。

転職エージェントとの面談を連絡なしで遅刻した

転職エージェントとの初回面談を連絡なしで遅刻すると、転職エージェントから怒られる可能性が高いです。

また、時間管理能力がない人だと思われてしまうので、転職サポートをその後受けられない可能性もあります。

転職エージェントとの面談をブッチした

初回面談を連絡なしにブッチしてしまうと、その転職エージェントを利用することはできないと考えてください。人間としてありえない行為だからです。

企業との面接を連絡なしに遅刻した

企業との面接を連絡なしに遅刻すると、転職エージェントからの信頼を失ってしまいます。企業からの信用もなくなるので面接も落とされてしまいます。

転職エージェントから遅刻したことを怒られますし、その後転職サポートを受けられなくなる可能性も高いです。

企業との面接をブッチした

企業との面接を連絡なしにブッチしてしまうと、転職エージェントの信頼はゼロになります。面接をブッチしてしまうような人に求人を紹介するわけにはいかないので、転職サポートは受けられなくなるでしょう。

突然の面接辞退

面接日までに余裕があるならよいのですが、面接日前日や当時に急に面接辞退をすると転職エージェントとトラブルになりやすいです。特に面接辞退をする理由がない場合は、特にトラブルとなりやすいです。

転職エージェントの面接辞退はできる?上手に選考辞退をするコツ」も参考にしてください。

内定承諾後の辞退(入社辞退)

一番大きなトラブルとなるのは、内定承諾後の辞退です。企業に対して入社意思を伝えてしまっているので簡単には入社辞退をすることはできません。

転職エージェントも企業からの信用を失ってしまうので必死に引き止めてきます。また、企業も採用の準備を進めてしまっているので大きな迷惑をかけてしまいます。

強引に入社辞退をすることで、その転職エージェントや企業からの信頼を失ってしまいます。二度とその転職エージェントを利用できなくなりますし、企業に転職することもできなくなってしまいます。

最悪なトラブルとなるので、内定承諾後の入社辞退をすることはやめましょう。また、安易に内定承諾をするのはやめましょう。

転職エージェント経由で内定が出ても辞退できる?上手に内定辞退をするコツ」も参考にしてください。

重複応募をした

複数の転職エージェントを利用していると同じ企業の求人を紹介されることがあります。このときに複数の転職エージェントから重複応募をしないように注意してください。

転職エージェントだけでなく企業からも悪印象となってしまいます。「複数の転職エージェントから同じ企業の求人を紹介されても重複応募してはいけない理由」も参考にしてください。

転職エージェントが原因でトラブルになるケース

次に、転職エージェントが原因でトラブルになるケースを見ていきましょう。

電話やメールが多すぎる

面談時に電話に出られない時間帯を教えているのにも関わらず、会社で働いている電話に出られない時間帯でも平気で電話をかけてくる転職エージェントもいます。

ひどい転職エージェントになる会社の電話にかけてくることもあります。連絡が多すぎて会社に転職活動をしているのがバレてしまうことがあります。

無視してはいけないのはなぜ?電話やメールの連絡がしつこい転職エージェントの対処法」も参考にしてください。

希望条件に合わない求人を紹介してくる

転職エージェントがキャリアカウンセリングを行ったのにも関わらず、希望条件に合わない求人ばかり紹介してくることがあります。

転職させれば何でもいいの精神で希望条件に合わない求人でも紹介してくる悪質な転職エージェントも多いです。

こちらが希望条件に合わないことを知らずに応募して内定をすると、転職を後悔することになります。

応募したくない!転職エージェントから紹介された求人の上手な断り方」も参考にしてください。

ブラック企業を紹介してくる

悪質な転職エージェントはこちらが気づかないと思って、しれっとブラック企業を紹介してくることがあります。

ブラック企業に転職をしてしまうと非常に辛い結末となることがほとんどです。転職してからひどく後悔することになります。

転職エージェント内の書類選考で落とされる

転職エージェントは「書類選考は絶対に受かります」と言っていたのに「すいません。社内の書類選考で落とされてしまいました」と言われるケースがあります。

転職エージェントが受かると言っていたから応募していたのに、転職エージェント内の社内選考で落とされていることを知って怒る人も多いです。その結果、転職エージェントともめてしまう人も多いのです。

転職エージェントの書類選考期間はどれくらい?」も参考にしてください。

強引に転職させようとする

内定が出た会社に強引に転職させようとする転職エージェントは多いです。あまり志望度が高くなかったのに説得されるうちに転職してしまうケースもあります。転職してから後悔をすることになります。

ゴリ押しされてうざい!強引でしつこい転職エージェントの対処法」も参考にしてください。

担当者のレベルが低い

転職エージェントの担当者のレベルが低いと満足な転職サポートを受けることができません。特に新卒入社間もない人や能力の低い人が担当になるときに起きやすいトラブルです。

例えば、「いつまでに求人連絡をします」と言っていたのに求人連絡がずっと来ないケースもあります。また、応募した企業の結果連絡がいつまで経っても来ないこともあります。

これではいい会社に転職することは難しいケースが多いです。早急に経験豊富な担当者に変更することが必要です。

使えない!役に立たない転職エージェントの特徴」も参考にしてください。

恋愛感情を持たれる

中小転職エージェントや個人転職エージェントでは、転職エージェントが相談者に恋愛感情を持ってしまい、個人的に連絡してくることがあるそうです。大手転職エージェントであればまず起きないトラブルです。

転職エージェント側の原因でトラブルが起きたときの対処法

あなたに原因がなく転職エージェント側の原因でトラブルが起きてしまった時の対処法は2つあります。

担当者を変える

トラブルばかり起こす担当者であれば、担当者を変えてみましょう。転職エージェントは担当者次第のところがあるからです。

相性が合わない!転職エージェントの担当者を変更できるのか」も参考にしてください。

別の転職エージェントを利用する

転職エージェントのレベルが低ければ担当者を変えてもまたトラブルが起きるかもしれません。この場合は、別の転職エージェントを利用しましょう。

トラブルに発展しないように上手に転職エージェントと付き合おう

転職エージェント側が原因の場合であっても、トラブルに発展しないように上手に転職エージェントと付き合うことが重要です。

相手が悪い場合でもトラブルにならないように言動を注意しましょう。また、早めに見切りをつけて別の転職エージェントに切り替えましょう。

まとめ

転職エージェントで起きるトラブルはあなたが原因のケースもあれば、転職エージェントが原因のケースもあります。

面談や面接に遅刻する、ドタキャンなどをすれば当然トラブルに発展します。あなたの行動が原因でトラブルにならないように注意してください。

また、転職エージェント側が原因でトラブルになることも多いです。このような転職エージェントであれば担当者を変えるか、別の転職エージェントを利用するようにしてください。

どちらにせよトラブルが起きないように上手に転職エージェントと付き合うことが重要です。

おすすめの転職サービス

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職エージェントランキング1位

リクルートエージェント
4.8
求人数が豊富な転職エージェント!

転職エージェントランキング2位

マイナビエージェント
4.5
転職サポートが無期限で手厚い!

主要ページ